フェリペ・マッサ 「アロンソのチームメイトとして多くの苦痛を味わった」 / フェラーリF1
フェラーリでF1でベストドライバーの2人とチームを組んだフェリペ・マッサは、ミハエル・シューマッハはフェラーリで“力”を持ち、フェルナンド・アロンソはすべてを“有利”に進めたと語る。だが、それは二人が才能があり、速いドライバーだったという事実を損なうものではない。

2006年にフェラーリに加入したフェリペ・マッサは、チームとの最終年となるミハエル・シューマッハのチームメイトになった。

その後、ミハエル・シューマッハの後任としてキミ・ライコネンが加入し、2010年にはルノーからフェルナンド・アロンソがフェラーリに移籍してきた。

フェリペ・マッサは、最も厳しいチームメイトだったのはフェルナンド・アロンソだと感じており、特にアロンソはすべてを自分の有利に進めようとしていたと語る。

「最もベストで手ごわいチームメイトはフェルナンド・アロンソだった」とフェリペ・マッサはInsragramのQ&Aで語った。

「その点でミハエルを下げたくはないけど、アロンソは間違いなく才能があり、速いドライバーだった」

「僕が加入したとき、シューマッハはチーム内でパワーを持っていて、兄のように感じていた」。

「アロンソと一緒にいるときもそれは同じだったけど、彼はすべてを有利に利用することができた」

フェラーリでの最初のレースとなったF1バーレーンGPで、フェルナンド・アロンソは優勝、フェリペ・マッサは2位でレースを終えた。

フェラーリはそのレースの後、フェルナンド・アロンソがそのシーズンのナンバーワンになることをすでに決めていた。

第2戦となったF1オーストラリアGPで、フェラーリはフェリペ・マッサにフェルナンド・アロンソを抜かせるよう指示したが、マッサはそれを拒否し、4位のアロンソの前で3位表彰台を獲得した。

だが、それはフェリペ・マッサにとって不吉の前兆だった。

「オーストラリアでは雨が降っていて、3位と4位だった。フェルナンドは僕の後ろにいて、チームは彼を前に出すように頼んできた」とフェリペ・マッサは振り返る。

「意味がなかったと思ったので、僕はそれを拒否ししたけど、精神的に壊されてしまうものだ」

「それは公平ではなく、彼は精神的に僕を崩そうとした。だから、最終的に彼が望んだことをした」

「僕はアロンソのチームメイトとして多くの苦しみを味わった」

「仕事が面白くなかったわけではないし、彼とはうまくやっていた。でも、チーム内で彼はすべてを自分の味方につけることができたので、彼はいつも自分の道を進んでいた」

「キミとはそのような問題を抱えたことはなかったし、アロンソとの戦いでそれに一生懸命に取り組む必要があった」

十分な苦痛を味わったフェリペ・マッサは、2013年末ウィリアムズに移籍し、そこでキャリアを終えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・マッサ / フェラーリ / フェルナンド・アロンソ