F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、来週レッドブル・リンクで開催されるピレリの2020年F1タイヤテストでアルファロメオ・レーシングとのF1業務に戻る。

今回のテストは、ピレリが主催する一連のテストのひとつであり、2020年のF1タイヤの構造やコンパンドを様々なサーキットで実施するために全チームが協力している。

2015年から2018年までザウバーでF1ドライバーを務めたマーカス・エリクソンだが、今季チームはキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィと契約したことでレースシートを喪失。しかし、サードドライバーとしてチームとの関係は継続している。

現在、マーカス・エリクソンは、シュミット・ピーターソンからインディカーに参戦。デトロイトでは2位表彰台を獲得し、ランキング15位につけている。

インディカーは、7月14日のトロントでの次戦まで2週間の空きがあるため、マーカス・エリクソンのテスト参加が可能となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | アルファロメオ・レーシング