F1 マーカス・エリクソン
元F1ドライバーは、インディカーのマシン特性にまだ苦労していると認める。

昨年末でザウバーのF1シートを失ったマーカス・エリクソンは、今年からシュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーにフル参戦。先週、ラグナ・セカで開催された公式プレシーズンテストで再びマシンを走らせた。

マーカス・エリクソンは、インディカーマシンの大きな問題は一貫性であり、F1カーのように運転するのは難しいと語る。

「僕にとって最大の問題は一貫性だ。インディカーは運転するのが大変だし、路面に吸い付いているF1カーと比べて難しい」とマーカス・エリクソンはコメント。

「今の最大の課題はそこを理解して、対処することだ。現時点でラップ毎に様々なコーナーを組み立てているけど、同じラップで全てのコーナーからベストを引き出すことに苦労している」

「2~3個のコーナーはうまく決められるかもけど、その後、次の2~3コーナーでうまくいかなくなってしまう。それで、その次のラップでは苦労していたコーナーを改善しようとするけど、良かったコーナーでタイムを失ってしまう」

「もっとスピードを上げていけるおゆにチームと一貫性を改善することに取り組んでいる」

マーカス・エリクソン インディカー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | インディカー