F1 マーカス・エリクソン アブダビGP
ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1最後のレースとなるアブダビGPのために“ブラックエディション”ヘルメットを用意した。

ザウバーで5年間F1を戦ったマーカス・エリクソンだが、今シーズン限りでシートを失い、2019年からはシュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーにフル参戦することが決定している。

これまで母国スウェーデンのナショナルカラーであるブルーとイエローのヘルメットを着用してきたマーカス・エリクソンだが、F1最後のレースではオールブラックにゴールドのラインが入った“ブラックエディション”のヘルメットでF1に別れを告げる。

マーカス・エリクソンは「ブラックフライデー! 今週末のためのスペシャルな“ブラックエディション”ヘルメットだ。みんなどう思う? 僕はとても気に入っているよ!」とTwitterで語った。

マーカス・エリクソン 2018年 F1アブダビGP ヘルメット ①マーカス・エリクソン 2018年 F1アブダビGP ヘルメット ②マーカス・エリクソン 2018年 F1アブダビGP ヘルメット ③マーカス・エリクソン 2018年 F1アブダビGP ヘルメット ④

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | ヘルメット | ザウバー