F1 イタリアGP マーカス・エリクソン
ザウバーのマーカス・エリクソンは、F1イタリアGPのフリー走行2回目でマシンが何回転もする大クラッシュを喫したが、幸いにも怪我はなかった。

セッション開始から2分と経たない序盤、マーカス・エリクソンのマシンは1コーナーのブレーキングで突如姿勢を乱し、ウォールにクラッシュ。マシンは何回転もしてランオフエリアでストップした。

リプレイ映像を確認するとDRSが閉じておらず、ブレーキングで制御が効かなくなったことが事故の原因だと思われる。

この事故でマシンは大破してセッションは赤旗中断に。自力でマシンを降りたマーカス・エリクソンに怪我はなく、メディカルセンターからピットまで歩いて帰ってきている。

マーカス・エリクソンのヘイローには大きな傷がついており、奇しくも前戦F1ベルギーGPのシャルル・ルクレールに続き、ザウバーのドライバーがヘイローに救われる形となった。

およそ20分間の中断を経て、セッションは再開している。

F1イタリアGP マーカス・エリクソン クラッシュ

F1イタリアGP マーカス・エリクソンが大クラッシュ




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | |