ロータス
バーニー・エクレストンが、ロータスの400人のスタッフの8月分の給料を肩代わりしたと Times が伝えた。

このニュースの伝えられる前、ロータスは、F1ベルギーGP後、裁判所の執行官によってF1マシンを含めた器材をスパ・フランコルシャンからの持ち出すことを妨害されていた。

同紙によると、ロータスは、今週末のF1イタリアGPに出走できないリスクは残っているという。

しかし、ロータスの広報担当は「すべて管理下にある」と述べており、実際にロータスのスタッフはF1イタリアGPの会場であるモンツァに向かっている。

また、ロータスは、ルノーによって間もなく買収されると報じられている。

ルノーは、現在のパートナーであるレッドブルとここ数年激動のシーズンを過ごした後、F1における方向性を変える予定である。

しかし、その前に、スタッフの未払い給料問題があり、シャルル・ピックの問題にもバーニー・エクレストンが介入したと見られている。

バーニー・エクレストンは「ロータスが少なくともスパ、そしてイタリアに出走できるように、頑張った人たちの給料を肩代わりするべきだと思った。しかし、彼らはすべてが大丈夫なようにルノーと一緒に頑張る必要がある」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | バーニー・エクレストン