ロータス メルセデス
メルセデスは、2015年からロータスにパワーユニットを供給する長期契約を結んだことを発表した。

ロータスは、約20年間にわたってルノーのエンジンを使用してきたが、2015年にマクラーレンがホンダのパワーユニットに変更することを決定。メルセデスはもう1チームにパワーユニットを供給できるようになり、ロータスはメルセデスに変更することを選んだ。

「重要な長期契約において、メルセデスAMG ハイパフォーマンス・パワートレインズに選ばれたことを嬉しく思う」とロータスのマシュー・カーターCEOは述べた。

「我々は、もう一度グランプリに勝ち、強力なチャンピオンシップ競争者になるというゴールとともにフィールドのトップに戻るつもりだ。この新しい契約はその狙いを一歩前進させるものだ」

「メルセデス・ベンツのパワーユニットは、トラックで優れたパフォーマンスを示しており、この動力をエンストンのシャシーの専門知識に結び付けることが我々の目標だ」

「メルセデス・ベンツを搭載するE23ハイブリッドが、エンストンに成功の新しい時代を告げてくれることが我々の願望だ。この重大な決定に際し、我々はチームの歴史を通して密接に協力し、ともに成功を収めてきたルノーにも感謝したい」

メルセデスのトト・ヴォルフは、3つのカスタマーチームを維持することが重要だったと述べた。

「メルセデスにとって、我々のシルバーアローのワークスチームへの主要な集中に加え、この世代のパワーユニットを通じて3つのカスタマーに供給し続けることは戦略的に重要なことだった。2015年からの新しいカスタマーを探しているのは明白だった」

「ロータスは印象的な組織であり、最近のシーズンでは競争的なトラックパフォーマンスを届けてきた。彼らをメルセデス・ファミリーに迎えることを嬉しく思っており、何年か先に生産的な作業関係を築いていくことを楽しみにしている」

ロータスは、パストール・マルドナドが2015年もチームに残留することを発表しているが、チームメイトについてはまだ発表していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | メルセデス