ロータス ダブルDRS
ロータスは、アブダビ若手ドライバーテストでダブルDRSに取り組む予定であるものの、2012年にレースで投入することはなさそうだ。

夏の数レースのプラクティスでダブルDRSをテストしていたロータスだが、いくつかの難点により、実戦投入されることはなかった。

ロータスのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソンは、アブダビでテストはするが、作業は今年よりも2013年に使用することを狙いを定めると述べた。

「我々のプランは予想できるレースの展開のなかでどのような振る舞いをするかを理解するために取り組むことだ」とジェームズ・アリソンは述べた。

「ここまで経験した難点を考えれば、今シーズンの残りのレースでそれを使うと考えるのは楽観的だと思う」

ロータスは、ダブルDRSの実戦投入に苦労する一方で、コアンダ・エキズーストを導入することに成功した。

ここまで、コアンダ・エキゾーストは、システムが馬力を蝕むという点で部分的に否定されているが、ジェームズ・アリソンは、アブダビにむけた変更がその問題の手助けになると考えている。

「実際、直線でのペースはあまり問題ではない。単にリアウイングのセッティング選択によってどこでもそれを設定することができるからね」

「リカバリーする必要があるのはパワーだ。コアンダ・システムの最初のバージョンは、むしろパワーを必要としていた」

「ルノ・スポールの助けにより、アブダビでは損失のおそそ3分の1を取り戻せると思っている。最終的には損失の約半分を取り戻すことができるだろう」

「コアンダのダウンフォース利益の全てを維持するエキゾーストパイプの導入を目指しいてるが、最初に融合した設計によって馬力の一部は損なわれている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス