2021年のF1世界選手権:暫定カレンダーを発表…史上最多の23戦で構成。F1ベトナムGPのスロットは未定
F1は、2021年のF1世界選手権の暫定カレンダーを発表。史上最多の23戦で構成され、F1ベトナムGPが入るとされていた4月25日はTBC(未定)となった。

発表された暫定カレンダーでは、3月21日にF1オーストリアGP(メルボルン)で開幕。12月5日にF1アブダビGP(ヤス・マリーナ・サーキット)で最終戦を迎える23戦のカレンダーが組まれる。

4月25日に開催が予定されていたF1ベトナムGPは報じられていたとおり未定となった。ベトナムでは8月にハノイ人民委員会のグエン・ドゥック・チョン委員長が“国家機密を含む文書の流用容疑”で逮捕され、また、次の選挙、新型コロナウイルスのパンデミックの管理、台風からの回復努力に注力しており、それらはハノイのレースを無期限に後回しにする優先事項であることをF1側に通知していた。

また、今年13年ぶりの復活を果たす予定だったF1オランダGP(ザントフォールト)は第14戦として9月に組み込まれ、新たなグランプリとしてF1サウジアラビアGP(ジャッド)が第22戦として開催される。

F1日本GPは第17戦として10月10日に鈴鹿サーキットで開催される。

2021年のF1世界選手権 暫定カレンダー
第1戦 3月21日 オーストラリア (メルボルン)
第2戦 3月28日 バーレーン (サヒール)
第3戦 4月11日 中国 (上海)
第4戦 4月28日 TBC(TBC)
第5戦 5月9日 スペイン (バルセロナ)
第6戦 5月23日 モナコ (モンテカルロ)
第7戦 6月6日 アゼルバイジャン (バクー)
第8戦 6月13日 カナダ (モントリオール)
第9戦 6月27日 フランス (ルキャステレ)
第10戦 7月4日 オーストリア (シュピールベルク)
第11戦 7月18日 イギリス (シルバーストン)
第12戦 8月1日 ハンガリー (ブダペスト)
第13戦 8月29日 ベルギー (スパ ・フランコルシャン)
第14戦 9月5日 オランダ (ザントフォールト)
第15戦 9月12日 イタリア (モンツァ)
第16戦 9月26日 ロシア (ソチ)
第17戦 10月3日 シンガポール (マリーナ・ベイ)
第18戦 10月10日 日本 (鈴鹿)
第19戦 19月24日 US (オースティン)
第20戦 10月31日 メキシコ (メキシコシティ)
第21戦 11月14日 ブラジル (サンパウロ)
第22戦 11月28日 サウジアラビア (ジャッド)
第23戦 12月1日 アラブ首長国連邦 (アブダビ)

この発表は、新型コロナウイルスのパンデミックによって17戦に改訂された前例のない2020年のF1世界選手権に続くものとなる。

「2021年の計画には、世界的なパンデミックに関連する流動性が継続している時期にすべてのプロモーターとその地方および国の当局との広範な対話が含まれていた」とF1は声明で語った。

「F1とFIAは、改訂された2020シーズンを再開し、効果的に実行できるように強力な健康および安全対策を実施した」

「2021年の我々のホストは、今シーズンのレースへの安全な復帰によって安心し、我々が実施している計画と手順により、2021シーズンの通常のレベルに戻ることができると確信している」

「以前前にも言ったように、2021シーズンにはファンが戻り、カレンダーは当初計画されていた2020シーズンと同じように見えると予想している。今後もプロモーターやパートナーと緊密に連携し、2021年3月18日にオーストラリアでシーズンが始まることを楽しみにしている」

フォーミュラ1の会長兼CEOを務めるチェイス・キャリーは「プロモーター、チーム、FIAとの広範な話し合いの末、2021年のF1暫定カレンダーを発表できることを嬉しく思う。我々はノーマルに近いエクスペリエンスを提供し、我々の合意が尊重されることを期待するファンとの2021年のイベントを計画している」とコメント。

「私たちは安全に旅行してレースを運営できることを証明しており、プロモーターは前に進み、ウイルスを管理する必要性をますます認識している。実際、多くのホストは、我々のイベントをプラットフォームとして使用して、前進している世界を示したいと考えている」

「サウジアラビアがスケジュールに加わったことを嬉しく思う。同世に2020年にレースをしたいと思っていた会場に戻ることも楽しみにしている。すべてのプロモーターとパートナーの継続的な熱意とコラボレーションに感謝し、ァンにエキサイティングなシーズンを提供できることを楽しみにしています。」

2021年の暫定F1カレンダーは、FIA-F2およびFIA-F3のカレンダーとともに、FIA 世界モータースポーツ評議会による承認が必要となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA