F1、新型コロナと人種差別と闘う取り組み「#WeRaceAsOne」を設立
F1は、スポーツと世界が直面している最大の問題である新型コロナウイルス、人種差別、不平等と戦うことに取り組むことを目的としたイニシアチブ「#WeRaceAsOne」を立ち上げた。

この取り組みの表明として、7月5日の開幕戦オーストリアGPで、F1チームやパートナーは、マシンやサッキットの周りに虹を掲載することによって、主要な労働者や個人への感謝を伝える。

人種差別との戦いにおけるサポートの視覚的な展示もあり、F1は今週後半にスポーツの多様性と機会を増やすための明確な誓約、およびF1タスクフォースの設立を発表する予定としている。

#WeRaceAsOne 声明
F1は4か月の休憩後に戻ってくるが、我々はスポーツとしてだけでなく、社会としても直面している主要な問題に取り組むために、追加の目的と決意を持って戻ってくる必要があると考えている。これらの問題は、我々のスポーツの長期的な将来にとって重要だが、我々が競争するコミュニティや世界中の国々にも大きな影響を与えている。

昨年11月、我々は2030年までにスポーツのネットをゼロカーボンにし、多様性とF1への参加を改善し、コミュニティをサポートするための持続可能性戦略を立ち上げた。最近の出来事により、これらの問題の重要性が高まり、スポーツを改善し、機会を改善し、我々が暮らす世界にプラスの影響を与えるために行動する必要がある。

ここ数カ月、COVID-19との闘いにおいて、全世界が1つの集団コミュニティーとして結集し、人間の本性を最大限に引き出した。ここ数週間、あらゆつ職業の人々は、人種差別と不平等の非難において団結した、それは我々の現代の世界では場所がないものだ。我々は、戻ってきた最初の国際スポーツとして、変化をもたらし、これらの重要な問題に取り組むために我々の声を使うことができると信じている。我々はグローバルなFIAモータースポーツファミリーの一員として、あらゆる形態の差別との闘いを含む、その基本原則規約を認識している。

F1が先週FIAが発表した#PurposeDriven運動を支援するため、今日のシーズンスタートに先立ち、F1が新しい#We Race As Oneイニシアチブを発表したのはそのためだ。このイニシアチブは、上記の優先事項のプラットフォームとなり、スポーツとグローバルコミュニティが直面している最大の問題に取り組むことを目的としている。問題が見出しから消えるような1週間または1年のテーマではなく、我々のスポーツと社会に具体的な違いをもたらすためにF1戦略を支えていくものだ。

現時点で社会の意識を支配している2つの主要な問題であるCOVID-19と不平等を認識し、我々はオープニングレースを使用して、世界的なパンデミックに対して示した驚くべき強さと不屈の精神に対して世界中の人々に感謝している。主要な労働者から、ウイルスに取り組むためのロックダウンに耐えてきた家族や個人に至るまで、皆、お礼と感謝に値する。同様に、我々はスポーツコミュニティとして人種差別に反対し、F1の不平等と多様性に取り組むためにより多くのことを行っていることを示すために、再始動を使用したいと思う。

したがって、7月3日から5日にオーストリアで開催される最初のレースに先立ち、チームとパートナーの支援を得て、F1は、ハッシュタグ#We Race as OneとともにF1マシンとレースサーキット周辺に虹を表示することで、世界中の主要な労働者と個人に感謝を伝える。虹は、コミュニティを結びつけるために、最近の危機で国際的に使用されているシンボルとなっているため、選択された。この重要なジェスチャーは、我々のファンが我々と一緒に感謝の気持ちを言うのに役立つと信じている。レインボーイニシアチブはシーズンを通して続く。

オーストリアでのレース週末には、人種差別に反対する。これには、人種差別との闘いにおける支援の視覚的表示が含まれる。サポートの視覚的な表示に加えて、我々は今週後半にスポーツの多様性と機会を増やすための明確な誓約を発表する。これには、ドライバーを含むパドック全体の人々や外見に耳を傾け、あらゆるレベルでF1の多様性と機会を改善するために必要な行動について結論を出すF1タスクフォースの設置が含まれる。タスクフォースの詳細は今後数週間で発表され、最初のレースでのサポートの視覚的な表示は、レースの週末に初めて見られる。

チェイス・キャリー(F1 会長兼CEO)
「7月の初めのオーストリアでの最初のレースは、4か月近くレースが行われなかった我々のスポーツにとって大きな瞬間だ。F1コミュニティにとって重要な瞬間だが、どのスポーツや国よりも大きな問題を認識する時期でもある。本日発表した#WeRaceAsOneイニシアチブは、先週FIAが発表した#PurposeDriven運動を支援するものであり、この前例のない時期に世界中のすべての人が示した勇気と団結に感謝する我々の言い方だ。また、F1が集まり、スポーツと世界として我々が直面している最も重要な問題に対して結果を出すためのプラットフォームにもなる。だからこそ、オーストリアでの最初のレースでは、F1は団結して、人種差別を終わらなければならないことを声高とはっきりと述べる。我々は週末を通して不平等と闘うことを全面的にサポートし、F1をより多様で包括的なものにするための我々自身の努力を加速させていく。グローバルスポーツとして、我々はファンの多様性と社会的関心を表す必要があり、もっと耳を傾け、何をすべきかを理解し、発信を続ける必要がある」

ジャン・トッド(FIA会長)
「COVID-19パンデミックに関連してモータースポーツに提案する“ニューディール”は、F1やその他の分野の回復と持続可能な未来の基盤を築くことを意味する。これには、コストを削減するための新しいルールと、モータースポーツの人気とアクセシビリティを高めるための取り組みが含まれる。重要なのは、モータースポーツが社会にもたらす積極的な貢献を利用して、健康、安全、経済、環境、教育、包括性、多様性などのすべてのセクターをカバーすることだ。これは、先週木曜日に開始した#PurposeDrivenムーブメントの意図であり、この集団的な取り組みの一環として#WeRaceAsOneイニシアチブを歓迎する。F1を使用して、我々は長年にわたり、たとえば、ハイブリッドエンジンと気候変動対策枠組みのための国連スポーツの署名のような環境保護の支援に取り組んできた。FIAは、あらゆる形態の差別、特に肌の色、性別、宗教、民族的または社会的起源に対する差別との闘いを含む、その定款の基本原則に基づいている。モータースポーツの多様性を促進する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / リバティ・メディア / FIA