F1 中国
F1の商業権保有者であるリバティメディアは、将来的に中国で第2のレースを追加することを計画していることを明らかにした。

F1は、2020年からベトナムのハノイで新たにグランプリを開催することを発表しており、アジアへの認知を拡大することになるが、リバティメディアは中国でのF1人気を高めたいと考えている。

F1中国GPは2004年から上海国際サーキットで一度も途切れることなくレースを開催してきた。F1はどの地域を第2に開催地にするかについては述べていたが、広大な領土と商業的なマーケットを踏まれば実現は容易だと考えられている。

「我々はここで第2のレースを開催したいと思っている」とF1のグローバルスポンサーシップ責任者のマレー・バネットはコメント。

「スケジュールがすでに混雑していることを考えれば、おそらく短期的には実現できないだろう。だが、我々がここでもうひとつのグランプリを開催する方法を見つけたいと思っているのは確かだ」

「我々は地域的な関心を高めるために様々なことを検討している。上海グランプリの3日間だけここにいることはできない」

「我々は1年を通じてここに存在している必要があるし、ここで大きなファンベースを確立させるためにより、もっとローカルに関連していく必要がある」

F1のマネジメント陣は、中国での長期的な関心を示すのと同様に、もうひとつの巨大スポーツ市場であるアメリカで第2のレースを開催する野心も抱いている。

F1はマイアミでストリートレースを開催する計画を立てたが、イベントの費用と地元からの反対があり、マイアミイの市議会は決議を“無期限延期”としている。

だが、F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、マイアミのストリートでF1を開催することは依然として重要な議論のままだと述べている。

「我々はマイアミが素晴らしいプロジェクトになると確信しているが、折り合いをつけられていない」とチェイス・キャリーはコメント。

「交渉は続いている。ストリートサーキットに関しては、まとめなければならない多くの関心事があり、それには時間がかかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア