F1 マイアミGP
F1マイアミGPの実現が近づきつつある。来週、マイアミ市委員会は20年間のF1開催契約についての評決を行う。

今年5月、マイアミ市委員会は、市政担当者がF1組織と契約交渉することを承認。しかし、自らが設定した7月1日という期限までに契約をまとめることができなかった。

だが、交渉は続けられており、7月26日(金)の朝に開催される会議でさらなる議論が行われる。法的通知では、次回の会議では11戦を開催する10年間の契約に加えて、さらに10年間延長するオプションについて議論されることが明らかになった。

通知によると、契約は“ベイフロント・パークでのファンフェスティバルで2018年10月に開始されるF1マイアミGP実施のための10年契約、さらに10年間の延長のオプションのある2019年10月から2029年までのF1グランプリレーシング契約”になるという。

F1マイアミGPの実現には、5名のコミッショナーのうち4名が契約に賛成票を投じなければならない。F1マイアミGPの大きな支持者であるフランシス・スアレス市長には投票権は与えられていない。

彼らはすでにレース開催を支持することを表明しているが、住民からの反対があったため、最終的な計画は承認されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア