マクラーレンF1のランド・ノリス 「アルファタウリがランキング3位争いに絡んでいないのは驚き」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年シーズンのアルファタウリ・ホンダF1の競争力を考えれば、フェラーリとマクラーレンとのランキング3位争いに近づいていないことに驚いていると語る。

2021年シーズンは、フェラーリとマクラーレンがミッドフィールドチームをリードし、コンストラクターズチャンピオンシップでレッドブルとメルセデスのベスト・オブ・ザ・レストを賭けて激しい戦いを繰り広げている。

フェラーリは、F1メキシコGPでのマクラーレンを逆転してランキング3位に浮上し、13.5ポイント差をつけたが、4位でレースを終えてミッドフィールドを制したのはアルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーだった。

アルファタウリ・ホンダF1は、コンストラクターズの5位争いでアルピーヌと同ポイントに並んだが、4位のマクラーレンに149ポイント差をつけられている。

アルファタウリ・ホンダF1が、フェラーリとの3位争いで望ましくない変数になりつつあると考えているかと質問されたランド・ノリスは「彼らはシーズンを通してそうだった」とコメント。

「僕たちよりもずっと先を行っているレースがたくさんあったし、僕たちよりずっと遅れているレースもあった。彼らはシーズンを通して良い週末を過ごしているし、非常に競争力がある」

ランド・ノリスは、マクラーレンとアルファタウリ・ホンダにこのような大きなギャップがあることに驚いたこと、そして、マクラーレンがピエール・ガスリーとチームメイトの角田裕毅による脅威を決して無視していないことを認めた。

「彼らはシーズンを通して非常に競争力のあるマシンを持っているので、コンストラクターズポイントという点で彼らが本来あるべき場所にまったく近くないことに驚いている」とランド・ノリスは語った。

「彼らはいつもそこら辺にいる。予選とレースをほぼシーズンを通して彼らのことを常に考慮している。僕たちは彼らを何からもキャンセルしたことはない」

「彼らはそこにいるし、おそらく僕たちの仕事をより困難にするでしょう。それは彼らにとって公正なことだ。でも、今週末に僕たちが先を行くことを願っている」

フェラーリは、アップグレードされたパワーユニットハイブリッドシステムを導入して以来、パフォーマンスを向上させている。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、今週末のF1ブラジルGPでは、フェラーリF1のシミュレーションでマクラーレンの方がフェラーリよりも優れていると感じたと述べている。

ランド・ノリスは、インテルラゴスでは「逆になるだろうと思う」と語ったが、僅差の戦いになるだろうと語る。

「タフなレースになるだろう。いつもタフだけどね」とランド・ノリスは語った。

「決して説得力があるとは思わないがけど、とにかくそうではないことを願っている。しかし、最近のフェラーリはより強力なチームだし、予選とレースで一貫して先行している」

「最近の統計を見れば、彼らが前だと考えるだろう。でも、僕たちは一生懸命働いている。メキシコなどから多くのレビューを行ってきた」

「2年前のここを振り返れば、かなりまともなマシンがあったし、カルロスが表彰台に立った。だから、期待しているし、ここで良い週末を過ごせると自信を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / ホンダF1 / マクラーレン / アルファタウリ