マクラーレンF1のランド・ノリス 「メルセデスのF1エンジンはいい感じ」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、新しいF1エンジンサプライヤーであるメルセデスとのパートナーシップは“いい感じ”だと語る。

ルノーのF1エンジンを3年間搭載していたマクラーレンは、今年からメルセデスのカスタマーチームとしてアストンマーティンとウィリアムズに加わった。2014年以降、F1界を席巻しているメルセデスF1エンジンへの切り替えは、マクラーレンに多くの利益をもたらすと考えられている。

ランド・ノリスは、メルセデスのF1パワーユニットについてまだ“学習モード”だが、今のところ両社のパートナーシップの進捗には満足していると語る。

「これまでのところ、メルセデスのパワーで完全にスムーズに進めることができていると思う。僕たちは物事の進み具合に満足している」とランド・ノリスは語った。

「すべての新しいスイッチやそれらの機能を理解するというちょっとしたことが残っている。そこが慣れなければならない最大のことのひとつだ。でも、全体として多くのエリアで前進している」

「でも、まだいくつかの作業が必要なエリアがあるし、メルセデスのエンジンを搭載する他のチームはしばらくの間メルセデスと仕事をしているので、僕たちは過去3日間彼らと非常に緊密に協力してきた」

「とにかく全員がコンスタントに物事に慣れてきているところだし、僕たちはルノーから切り替えて、新鮮な目、異なる視点、異なる感情を持っている。いくつかの分野で本当に追加されているし、改善することができたと思う」

「僕たちとメルセデスHPP(High Performance Powertrains)の人たちは非常に生産的だった。この3日間で果たした改善は満足できるものだったと思う」

「マシンだけでなく、PUなどでまだまだ取り組むべきことがあるけど、今のところいい感じだし、状況に満足している」

「実際にポテンシャルを解き放ち、ベイビーが何を持っているかを確認するのは予選まで待たなければならない」

マクラーレンはパフォーマンスと信頼性の両方で成功したF1プレシーズンテストを過ごしており、MCL35Mはバーレーンでトップ候補のひとつに数えられた。しかし、ランド・ノリスは、マクラーレンが新しいマシンを完全に理解し、そのポテンシャルを解き放つためにまだかなりの作業が必要だと認める」

「スタートとしてはとても良いマシンだと思う」とランド・ノリスは語った。

「最初のラップからきちんと管理できたし、マシンに非常に自信を持つことができた。かなりプッシュすることができる」

「最後のポテンシャルを解放するのは、予選、Q1、Q3にならなければわからないし、じっくりと過去数日間のすべてを見直さなければならない」

「マシンにセンサーなどたくさんのものをつけていたし、誰もすべてを見せてはいないので、そこにたどり着くまでマシンの実力を正確に知ることはできないけど、走った感触としてはいい感じに限界やそれなりのペースまでプッシュすることができるマシンだし、とても満足している」

「良いことのひとつは、初日からそれを行うことができたことだ。チームとしての僕たちに大きな問題はなかった。このまま幸運であることを祈っている」

「でも、その一方で、マシンをもう少し理解する必要があると思う。完璧にセットアップし、新しいフロアなどの変更のなかで適切な空力特性を配置する方法を理解する必要がある」

「じっくりと検討して、2~3週間で必要になる最後の0.2~0.3秒を抽り出す方法を理解するために本気で知恵を絞らなければならない」

「その最後の部分のロックを解除して、すべてまとめる方法を確実にものにするためにはまだ少しの仕事があると思う。でも、マシンとしてはガレージから出してすぐに走ったわりにはかなりいい感じだ」

「だから、僕たちは良い場所にいると思うけど、やるべきことがあるのは間違いない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン