ランド・ノリスの2021年06月のF1情報を一覧表示します。

ランド・ノリス、ハミルトンと0.053秒差の5番手「ちょっとビックリ」

2021年6月27日
マクラーレンF1のランド・ノリス、ハミルトンと0.053秒差の5番手「ちょっとビックリ」 / F1シュタイアーマルクGP 予選
マクラーレンのランド・ノリスは、2021年F1シュタイアーマルクGPの予選でルイス・ハミルトンから0.053秒差の4番手で終えた。

FP3を19番手で終えていたランド・ノリスだが、予選ではレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスを上回り、ルイス・ハミルトンのすぐ後ろの4番手でフィニッシュ。バルテリ・ボッタスのペナルティにより決勝は3番グリッドからスタートする。

ピエール・ガスリー、F1フランスGPでバトルのランド・ノリスと仲直り

2021年6月25日
ピエール・ガスリー、F1フランスGPでバトルのランド・ノリスと仲直り
ピエール・ガスリーは、F1フランスGPで一発触発のバトルを展開したランド・ノリスとの間に緊張関係はまったくないことを明らかにした。

二人はポール・リカールでバトルをしており、ピエール・ガスリーは、ターン11でランド・ノリスから取り戻そうとしたが、両方のドライバーは出口でコースを外れ、苛立ったランド・ノリスは無線で不満を漏らしていた。

ピエール・ガスリー、ノリスとの戦いは「ハードレーシングだった」

2021年6月21日
ピエール・ガスリー、ノリスとの戦いは「ハードレーシングだった」 / F1フランスGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、F1フランスGPで絡んだランド・ノリス(マクラーレン)との戦いは“ハードレーシング”だったと擁護した。

ピエール・ガスリーは、ターン11でランド・ノリスから取り戻そうとしたが、両方のドライバーは出口でコースを外れ、苛立ったランド・ノリスは無線で不満を漏らしていた。

ランド・ノリス 「望んでいた順位ではない。戦える速さがなかった」

2021年6月20日
ランド・ノリス 「望んでいた順位ではない。戦える速さがなかった」 / マクラーレン F1フランスGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年 F1フランスGPの予選で8番手だった。

「タフな予選だったし、実際に望んでいたポジションではない。もう少し上位を狙っていたけど、ペースが足りなかった。前の数台はコンマ数秒先にいた。自分のラップで0.1~0.2秒短縮できたとは思うけど、1ポジション以上は上位に行けたとは思わない」

ランド・ノリス、戦力外通告組3人の表彰台は「F1の可能性を示した」

2021年6月9日
ランド・ノリス、戦力外通告組3人の表彰台は「F1の可能性を示した」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、ミッドフィールドのライバルが表彰台を独占したF1アゼルバイジャンGPの結果は、F1が“何が起こるか分からない”ことを示していると考えている。

2021年のF1アゼルバイジャンGPでは、セルジオ・ペレス(元レーシングポイント)、セバスチャン・ベッテル(元フェラーリ)、ピエール・ガスリー(元レッドブル)という、過去に所属チームから戦力外通告を受けたドライバーが立った。

F1レースディレクター、不服のノリスに「6歳でも赤旗ルールは知っている」

2021年6月7日
F1レースディレクター、不服のノリスに「6歳でも赤旗ルールは知っている」
F1アゼルバイジャンGPの予選で赤旗違反でペナルティを科せられたランド・ノリスの苦情は、F1レースディレクターのマイケル・マシに軽くあしらわれた。

マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPの予選Q1で赤旗が出た際にすぐにピットに入らず、もう1周することを決断。赤旗が出た場所が考慮され、通常なら5グリッド降格のところを3グリッド降格に減刑されたが、3点のペナルティポイントが科せらえた。

ランド・ノリス、ペナルティに不服「より安全な選択肢を選んだ」

2021年6月6日
ランド・ノリス、3グリッド降格に不服「より安全な選択肢を選んだ」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPの予選で赤旗停止後にすぐにピットに入らなかったことを理由で3グリッド降格と3点のペナルティポイントを科したスチュワードの裁定に不満を述べた。

予選Q1でアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がターン15でクラッシュして2回目の赤旗が提示された際、ランド・ノリスはセクター3を走行していた。

角田裕毅、7番グリッドに昇格…ランド・ノリスが3グリッド降格

2021年6月6日
角田裕毅、7番グリッドに昇格…ランド・ノリスが3グリッド降格 / F1アゼルバイジャンGP 予選
F1アゼルバイジャンGPの予選後、スチュワードは予選Q1に赤旗が提示された際にランド・ノリス(マクラーレン)がすぐにピットインしなかったとして3グリッド降格ペナルティを課した。

予選Q1でアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がターン15でクラッシュして2回目の赤旗が提示された際、ランド・ノリスはセクター3を走行していた。

ランド・ノリス 「まだMCL35Mを意のままに操ることができていない」

2021年6月4日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「まだMCL35Mを意のままに操ることができていない」 / F1アゼルバイジャンGP 木曜記者会見
ランド・ノリスは、印象的なシーズンのスタートを切っているにも関わらず、マクラーレンの2021年F1マシン『MCL35M』を意のままに操るすることができていないと明かす。

ランド・ノリスは 2021年シーズンのスタードライバーの1人であり、2度の表彰台を獲得し、メルセデスF1のバルテリ ボッタスを抜いてドライバーズ選手権で3 位につけている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム