ランド・ノリス、3グリッド降格に不服「より安全な選択肢を選んだ」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPの予選で赤旗停止後にすぐにピットに入らなかったことを理由で3グリッド降格と3点のペナルティポイントを科したスチュワードの裁定に不満を述べた。

予選Q1でアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)がターン15でクラッシュして2回目の赤旗が提示された際、ランド・ノリスはセクター3を走行していた。

トラックサイドに赤信号が表示されたときにピットレーンに近づいていたランド・ノリスは、最初はガレージに向かっているように見えたが、チーム無線でレースエンジニアと会話した後、そのまま残り1周を完了することにした。

本来であれば、これは5グリッド降格ペナルティとなる違反だが、赤信号が点灯してから決断するまでの時間が短かったことで、スチュワードは3グリッド降格に減刑した。

スチュワードの声明は「赤旗が表示されたとき、ノリスはちょうど長いスタートフィニッシュストレートにいた」と説明。

「結果として、左側ガードレールのパネルとマシンのダッシュボードで赤いライトが点滅していた。ヒアリング中、ドライバーはスロットルを上げ、ブレーキをかけ、ピットレーンに入ろうとしたことを認めた」

「その瞬間、彼は何をすべきか分からず、ラジオでチームに尋ねた。チームはすぐにピットに入るように彼に命じたが、それは遅すす、ノリスはもう一度フィニッシュラインを越えた」

「スチュワードは、予選中に赤旗が尊重されなかった場合、5グリッドのポジションを下げることが適切であると想定している。しかし、ドライバーがトラック上の彼の位置によって反応するのに非常に短い時間しかなかったと考慮し、例外として3グリッドの位置を落としただけで十分だと判断した」

また、ランド・ノリスには3点のペナルティポイントを科せられた。

自身の行動についてランド・ノリスは「僕は真ん中でラップを続けていたけど、実際にどの時点で左(ピットレーン)に入くか右に行けばいいか分からなかった」と Sky F1 に語った。

「すぐに速度を落としたし、悪いことをしたとは感じなかった。その時はかなりのスピードでピットに向かっていた。悪いことをしたとは思わない」

最低が評決が発表された後、ランド・ノリスは記者団に次のように語った。

「ルールがあると思うので残念だけど、ドライバーがあのような状況で可能な限り最善を尽くしている場合、特定の状況に対してもっと寛大になっていいと思う」

「だから、3グリッド降格に少しがっかりしている。それは、明日の戦いをより困難なものにするだろう。フェアな決定だとは感じていないけど、しょうがない」

「もちろん、戒めることなどは正しいことであり、いくつかの分野でもう少し理解を深めるためには正しいことだと思う。僕は誰にも危害を加えていなかった。どちらかといえば、ピットに入るのではなく、より安全な選択肢として入らなかった。だから、この件に関して私のライセンスに3点を与えるには値しないと思う。危険なことは何もしていなかった」

「何も知らなかったし、無知だったから何もしなかったわけではない。それとは何の関係もなかった。ルールがどんなものかは知っている。だから、僕の理解が足りないとかそういうわけじゃないけど、状況によっては、彼らは実際に何が起こっているのかを考え直さなければならない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1アゼルバイジャンGP