ランス・ストロールを侮辱したF1解説者をテレビ局が停職処分
アストンマーティンのランス・ストロールを侮辱したF1解説者にテレビ局が停職処分を言い渡した。

ベルギーの放送局RTBFSportは、先週のF1オーストリアグランプリの決勝でランス・ストロールに「自閉症」とレッテルを張った、F1解説者のリオネル・フロワサールを非難した。

放送中、リオネル・フロワサールの同僚であるガエタン・ヴィニェロンは、フロワサールのコメントは「強すぎる」とし、彼は「行き過ぎ」であると浴びせ返したが、フロワサールは彼の発言を曲げず、「それは真実だ」と述べた。

事件の後、RTBFはリオネル・フロワサールから距離を置くとの声明を発表し、調査が行われている間、追って通知があるまで彼を停職処分にしたと発表した。

「RTBFは、7月10日(日)に、オーストリアグランプリでコンサルタントのリオネル・フロワサートが放送中に使用した言葉を強く非難する」と声明で述べた。

「自閉症とドライバーのコミュニケーション方法との関連付けは見当違いであり、RTBFの価値観と完全に一致していなかった」

「関係者全員の意見を聞くために、内部調査が実施される。目標は、この事件の原因となった可能性のあるものを詳細に理解することだ」

「この調査の結果が出るまで、RTBFは、追って通知があるまで、問題のコンサルタントと協力しない」

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがそれぞれイギリスとオーストリアで観客から汚く罵られた受けた後、ドライバーの扱いはここ数週間で目立ったトピックになっている。

また、ルイス・ハミルトンは、3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケによる人種的虐待の発言の対象であり、シルバーストンでのハミルトンのホームレースの前に古いインタビューが明るみに出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / F1オーストリアGP / アストンマーティン