F1
ロバート・クビサが、2020年のアルファロメオF1チームの開発ドライバーとしての仕事を開始。BMWザウバー時代に仕事をしたファクトリーを“家に帰ってきたような気分”だと語った。

昨年、ウィリアムズに8年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサだがわずか1年でシートを喪失。2020年はアルファロメオ・レーシングの開発ドライバーとして契約した。

この契約にはロバート・クビサを後援するポーランドの石油会社『PKNオーレン』のタイトルスポンサー就任の一環でもあり、チームは2020年のF1世界選手権に『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦する。

ロバート・クビサは、チームがBMWザウバーとして知られていた2006年にF1デビューを果たしており、2008年にのF1カナダGPでは唯一の勝利を記録している。

ロバート・クビサは、それ以来となるヒンウィルのファクトリーに帰還。アルファロメオの2020年F1マシン『C39』でシート合わせを行い、今シーズンへの期待についてファンにむけてメッセージを送った。

「僕はここヒンウィルにいる。2006年にF1キャリアをスタートした家に帰ってきたような気分だ」とロバート・クビサは語った。

「この環境に戻ってくることができてとてもうれしい。過去に仕事をしていた多くの人々に会った」

「新車でシート合わせを完了したところだ。クルマを運転するだけでなく、チームと一緒に仕事をしていくことを楽しみにしている。アルファロメオ・レーシング・オーレンの活躍を祈っていてほしい」

ロバート・クビサは、2020年のフルタイムのレースプログラムをまだ発表していないが、12月にBMWのDTMカーをテストしており、DTM参戦が噂されている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / アルファロメオ・レーシング