F1 ロバート・クビサ
ウィリアムズのロバート・クビサは、チームメイトのジョージ・ラッセルとのバトルにそれほど意味を見い出せていないと語る。

これまでロバート・クビサは、予選でもレースでもルーキーのジョージ・ラッセルを一度も上回ることができず、ラッセルの方が優れたマシンを与えられていると発言し、チーム離脱も噂されている。

しかし、F1フランスGPではジョージ・ラッセルとのホイール・トゥ・ホイールのバトルを制してようやくラッセルの前でフィニッシュした。

「ジョージ・ラッセルとのバトル? 大したものではない」とロバート・クビサは Eleven Sports にコメント。

「最下位ではない場所を争っていても興奮はしない。レースは問題なかった。エキップメントの許す限りのレースができたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ