F1 フェルナンド・アロンソ
ロバート・クビサは、フェルナンド・アロンソはこれまでF1で目にしたなかで最高のドライバーであると語り、アロンソは自身の将来についての発言によって誤解されている考えている。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、昨年限りでF1を離れ、今年はインディ500に参戦して世界3大レースでの“3冠”を目指す。

ここ数年のフェルナンド・アロンソは、非力なマシンで優れたレースクラフトを見せていたものの、マクラーレンやホンダへの批判的な発言が目立っていた。

ロバート・クビサは8年のブランクを経て今年ウィリアムズからF1レースに復帰。フェルナンド・アロンソはクビサの発表の際、彼のスキルを称賛していた。

ロバート・クビサは、フェルナンド・アロンソはF1で最高のドライバーであり、これまでの発言によって彼の本来の才能が誤解されていると語る。

「人々は、傲慢さや性格によってもっと良くなりたいという願望をご誤解するときがある」とロバート・クビサは Movister+ にコメント。

「アロンソはその強い性格でワールドチャンピオンになった。彼は最高のドライバーなだけでなく、F1のベストドライバーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | フェルナンド・アロンソ