F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサは、2019年のウィリアムズのF1シートを獲得したことを示唆した。

2011年のラリーでのクラッシュで右腕に切断寸前の重傷を負ったロバート・クビサは、それ以来レースをしていないが、今季はウィリアムズのリザーブドライバーとしてプラクティスやテストで最新のF1マシンを走らせている。

これまでの報道では、ロバート・クビサは、ウィリアムズのレースシート、フェラーリのテストドライバーの役割をオファーされていると伝えられてきた。

ロバート・クビサは、ポーランドの石油会社であるPKNオーレンの1000万ドル(約11億円)を含め、ウィリアムズのシート獲得に必要な資金を集めたとされている。

ポーランドの北部で開催されたイベントに出席したロバート・クビサは「決断を下した」と Sport.pl にコメント。

「来年、ウィリアムズにいるか?そう願っている。来年、正式には2つのチームしか空いていないし、僕がトロロッソに行くことは絶対にないだろう」

ロバート・クビサは、単純な交渉期間ではなかったことを示唆した。

「多くのことが起こり、非常に激しい期間だった。僕も他の人も楽しんでいたわけではないし、決まったことを発表したくはない」

「全員が決断を下さなければならない。オープンに言えrるのは、自分の決定のための締切は近づいていたということだ。僕はすでに決断をしている」

「奇妙な結果を生み出したくはないので言うつもりはないけど、もうすぐ僕が次にやることがわかるはずだと思う」

「今日の時点で、全てが僕に依存しているわけではないけど、全てウィリアムズに依存しているわけでもないと言える」

ウィリアムズは、フォースインディアが2019年のランス・ストロールの加入を発表するのを待っている可能性がある。そのフォースインディアは、エステバン・オコンの2019年の活動が発表されるのを待っているとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ウィリアムズ