F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ピレリのマリオ・イゾラは、昨年11月のウィリアムズでのテストでロバート・クビサが新しいF1タイヤへの適応に苦戦していたとの報道に言及。走行距離を重ねれば、ロバート・クビサは適応できるはずだと語った。

BBCのアンドニュー・ベンソンは、奇跡的なF1復帰を目指したロバート・クビサの運命はアブダビテストで決したと報道。

ピレリの最新F1タイヤへの対処に苦しむロバートクビサはウィリアムズのスタップを心配させたとし、今後数日でセルゲイ・シトロキンが2018年のウィリアムズのF1ドライバーとして発表されるとアンドリュー・ベンソンは述べた。

しかし、ピレリのカーレーシング責任者をマリオ・イゾラは、ロバート・クビサの能力とフィードバックを称賛。ロバート・クビサには新しいタイヤとコンパウンドの経験を積むためにもっと多くの周回数が必要なだけだと述べた。

「ロバートは長い間F1マシンを運転してなかったとしても、多くの経験を積んだプロのドライバーだと思う」とマリオ・イゾラは RACER にコメント。

「しかし、彼はフィーリングを掴んでいた。私はタイヤに関するいくつかの意見を彼に求めた。彼はパフォーマンス、デグラデーション、運転の仕方など正確な考えを持っていた」

「F1カーを6~7年運転していなかったドライバーを連れてきたのは明らかだだし、彼が走らせたF1カーは、ダウンフォースやタイヤなど、彼が離れたときのものとは完全に異なっている。彼は実際に2011年のバレンシアでのプレシーズンテストで我々のタイヤを走らせていたので、まったく我々のタイヤを走らせたことがないというのは完全には事実ではない。彼はすぐに適応できていた」

「だが、そのような状況でクルマに飛び乗ったドライバーが多くのテストやレースをているドライバーよりも早く走れるとは思わない」

「彼に適応する時間を与えて、完全なポテンシャルを我々に示してほしい。彼はまだ非常に速いドライバーだと私は信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ピレリ