ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ウィリアムズは、2018年のドライバーとしてロバート・クビサを評価するためにプライベートテストを実施すると Autosport が報じている。

ウィリアムズは、今シーズン限りでのF1引退を検討しているフェリペ・マッサの後任としてロバート・クビサを評価しているとされている。

フォース・インディアがセルジオ・ペレスの残留を発表したことで、ウィリアムズの選択肢は限られており、ロバート・クビサがドライバー候補の上位にいるとされている。

ウィリアムズは、来月のF1日本GPまでに2014年型のF1マシンでテストを実施する予定だという。サーキットはメディアの注目を避けるためにマレーシアGPもしくは日本GPの週末の金曜日にヨーロッパのサーキットで行うことが検討されているという。

2011年のラリー事故で負傷を負ったロバート・クビサだが、今年、2度のルノーのプライベートテストで6年ぶりにF1マシンでの走行を実施。さらにハンガリーで行われたインシーズンテストではルノーの2017年F1マシンを走らせており、2018年にルノーでのF1復帰が噂されていた。

しかし、ルノーは2018年のニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトとしてカルロス・サインツを起用することを発表している。

ウィリアムズは、タイトルスポンサーを務めるマルティーニは、ドライバー選択に強い選択権を持っているとされるが、ブランドアンバサダーとしてロバート・クビサに満足するかどうかはわからない。

今週、元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグがロバート・クビサのマネジメントチームに加わったことが発表されている。

ニコ・ロズベルグは、2006年から2009年にウィリアムズで走っており、チームとの繋がりは強い。ロバート・クビサがウィリアムズに加入した場合、ニコ・ロズベルグがマルティーニのブランドアンバサーを引き受ける可能性もあるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ