ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサが、2018年のウィリアムズのシート候補に挙がっていると噂されている。

2011年のラリー事故で負傷を負ったロバート・クビサだが、今年、2度のルノーのプライベートテストで6年ぶりにF1マシンでの走行を実施。ハンガリーで行われたインシーズンテストでは最新のルノーのF1マシンを走らせた。

そのため、ルノーからのF1復帰が噂されているが、ルノーはジョリオン・パーマーの代役に別のドライバーを検討しているという。

Motorsport Italia の報道によると、ルノーは、ホンダがトロ・ロッソと契約するためにルノーとの契約を解消する条件として、カルロス・サインツの獲得を挙げているという。それによって、ロバート・クビサのルノー復帰のドアは閉ざされることになるが、F1に復帰するというクビサの夢はウィリアムズ移籍の可能性によって残っているとしている。

ウィリアムズは、まだ2018年のドライバーを発表しておらず、その遅れの原因はフェリペ・マッサだとされている。

フェリペ・マッサは、2016年末に一度引退を表明したが、ニコ・ロズベルグの電撃引退によって、バルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍したことで、ウィリアムズに呼び戻されるかたちでF1に復帰した。

フェリペ・マッサはもう一年F1で戦う競争力があると感じているが、F1キャリアが終わった後にフォーミュラEに参戦することに興味があるとの発言もしている。

ウィリアムズは、タイトルスポンサーのマルティーニとの契約によって、10代のランス・ストロールをサポートするために少なくとも一人は25歳以上のドライバーを必要としている。

ロバート・クビサは、その基準に適合してりうが、フェリペ・マッサが今シーズン末で放出した場合、フォース・インディアのセルジオ・ペレスがもう一人のターゲットだとされている。

しかし、セルジオ・ペレスはフォース・インディアとの契約がほぼ合意に達しており、フェラーリへの移籍を希望していたペレスにとって、ウィリアムズ移籍はあまり魅力を感じられないかもしれない。

ロバート・クビサは、先週のF1イタリアGPを訪れており、クビサのマネージャーはルノー以外のオプションもあることを明らかにしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ウィリアムズ