ロバート・クビサ
ロバート・クビサが、再び自動車を運転できるまで回復しているとイタリアの Omnicorse が報じている。

昨年のラリー事故で重傷を負ったロバート・クビサは、先月、凍った路面で転倒して再び骨折。しかし、同サイトは現在ロバート・クビサは松葉杖なしで歩けるくらいになっていると報道。

さらにオートマチック車のルノー メガールを運転できるまで回復していると付け加えた。

報じられたところでは、ロバート・クビサは物理療法に1日5時間を費やしており、重要を負った右腕は“ほぼ正常に戻った”とされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ