ロバート・クビサ、右手の指を動かす
ロバート・クビサは、麻酔から覚めて父親と会話し、指を動かした。

ロバート・クビサは、2011年シーズンの開幕は絶望となったが、切断さえ噂された右手を動かしたことはポジティブな兆候といえる。

だが、ロータス・ルノーGPは「(手の)手術が100%成功したかがわかるまでは数日かかるだろう」と慎重な声明を発表している。

ロバート・クビサは肘と肩の骨折を治療するためのさらなる手術のために月曜日に再び麻酔で昏睡状態に戻された。

ロバート・クビサは足も骨折している。

「クビサに意識はあります」とサンタコロナ病院の集中治療室のスポークスマンは述べた。

「彼が最初にコドライバーのことを思いやっていたので、彼の状態を伝えました」

スポークスマンは、クビサは事故により「大量に出血」して「危険な状態」だったが、今は安定していると付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロバート・クビサ / ルノー