ロバート・クビサ
ロータス・ルノーGPは、ラリーでクラッシュを喫したロバート・クビサが、右腕、足、手を骨折しており、現在手術を受けていることを発表した。

ロバート・クビサは、イタリアで開催されたラリー・ロンデ・ディ・アンドラに参戦。第1ステージで高速クラッシュを喫し、ヘリコプターでピエトラ・リグレ病院に搬送された。

「今朝、広範囲の診察が行われ、右腕、足、手を多発骨折していると診断されました」とルノーは声明を発表。

「現在、彼はピエトラ・リグレのサンタコロナ病院で手術を受けています」

ANSA通信 によると、手の専門医であるイゴール・ロッセロがロバート・クビサの手術を担当すると報じている。

「まだ全ての評価はなされていない」と、現地の医療当局関係者ロベルト・カロッツィーノはコメント。

「切断は急いで決定されるものではない。私はそのレポートを否定も肯定もしない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ルノー