ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、ラリーで激しいクラッシュを喫して手と脚を骨折したとされており、開幕戦はほぼ絶望的となった。

ロバート・クビサは、イタリアで開催されたラリー・ロンデ・ディ・アンドラに参戦中に横転。第1ステージで高速クラッシュを喫し、ヘリコプターでピエトラ・リグレ病院に搬送された。

クビサの怪我に関するルノーからの正式発表はまだだが、SID通信 は医師のコメントとしてクビサの状態を報道。

「私がわかっているのは、クビサの命に別状はないということだ」

「だが、左手と左足に非常に酷い怪我を負っている。それ以上についてはわからない」

ネット上では情報が錯綜しており、両腕、手首、両足、腰の骨折、また押しつぶされ手について外科医が切断を検討しているとの噂もあがっている。その噂が事実であれば、開幕戦だけでなく、選手生命にも関わってくる。

クビサが搬送されたイタリア北部の病院では、14時から記者会見を開催される予定。

ロバート・クビサ クラッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ルノー