ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、参戦していたラリーでクラッシュして病院に搬送された。

ロバート・クビサは、ラリー・ロンデ・ディ・アンドラに2000カテゴリーにシュコダ・ファビアで参戦中、コースアウトしてマシンは激しく横転。

Savona News によると、クビサは事故後も意識があったが「複数の骨折」のため病院に搬送されたという。コドライバーのヤクプ・ゲルベルは無事だった。

ポーランドの報道によると、ロバート・クビサは手首を骨折したという。

ロータス・ルノーGPは、クビサの容体がわかり次第、詳しい発表を行うという。

近年ロバート・クビサは、F1と並行してラリーに定期的に参戦しており、今週末のイタリアでのラリーは、スーパー2000マシンでの初参戦だった。

ロバート・クビサが2011年シーズンになる場合、リザーブドライバーが代役を務めることになる。ロータス・ルノーGPには、ブルーノ・セナ、ロマン・グロージャン、ファイルーズ・ファウジーという3名のリザーブドライバーがいる。

チーム代表のエリック・ブーリエは、R31の発表会でリザーブドライバーについて「準備ができているドライバーを使う」と語り、「ブルーノが最も準備が整っているドライバーだ」で述べていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ルノー