ヘイキ・コバライネン
ヘイキ・コバライネンが、リザーブドライバーとしてケータハムに復帰することが発表された。

ケータハムは、今シーズン、アレキサンダー・ロッシとマー・チンホワの2名のリザーブドライバーを起用していたが、アレキサンダー・ロッシはケータハム・レーシングでのGP2レースに移動。ヘイキ・コバライネンとマー・チンホワがリザーブドライバーを務めることになった。

ヘイキ・コバライネンは、F1バーレーンGPとF1スペインGPの金曜フリー走行1回目に出走。開発ドライバーとしての役割も務め、2013年マシンのアップデートを評価する。

ヘイキ・コバライネン
「バーレーンとスペインで走れることは、もちろん素晴らしいニュースだし、仕事に戻り、全力でチームの手助けをすることを楽しみにしている。バーレーンとバルセロナのレースに持ち込む新しいパーツへのインプットをチームに与えるために2つのFP1セッションに参加するし、新しいパッケージの最大限を引き出す手助けをするためにトラックやリーフィールドでレースドライバーやエンジニアとも密接に働いていく。かなりの間、トニーとシリルとこの役割について話してきたし、やっと2013年にどのように僕がチームを助けていくかを発表できて嬉しく思う。体力的にクルマに戻るための準備はできているし、僕の経験がチームの新しいアイデアやセットアップと戦略のオプションの助けになることはわかっている。仕事に戻るのを楽しみにしているよ!」

シリル・アビテブール (ケータハム・チーム代表)
中国のFP1でのマーの走行が成功し、彼には多くの新しいチャンスが浮上している。我々は現在のラインナップを再編成する決断をした。アレキサンダーはGP2を戦うためにケータハム・レーシングに移る。彼はシーズンを通してF1チームとの関係を続けながら、チャンピオンシップですぐに成功できると確信している。ヘイキは我々と作業するためにトラックに戻る。彼がチームに戻ってくれることを嬉しく思う。彼にはF1での6年間の経験があり、我々が走らせる様々な構成に対して客観的なフィードバックを提供し、彼が経験した2012年コンパウンドに対しての2013年タイヤの客観的な見解を与えるには適任だ。最初の3年間の競技でヘイキへの投資を彼がもたらす専門知識で回収しない手はない。F1はチームスポーツであり、彼は最初の数ヶ月間でよい仕事をしているシャルル・ピックとギド・ヴァン・デル・ガルデもサポートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヘイキ・コバライネン | ケータハム