F1 ヘイキ・コバライネン 鈴鹿10時間レース
元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンは、鈴鹿10時間レースに参戦することが決定した。

ヘイキ・コバライネンは、2017年のSUPER GTチャンピオンのニック・キャシディ、レギュラードライバーのニック・フォスターとともにHubAutoの♯27 フェラーリ 488 GT3を走らせる。

台湾からのエントラントであるHubAutoは、ARN RacingとCarGuy Racingとともに、鈴鹿でフェラーリのインターコンチネンタルGTチャレンジポイントを獲得するためにエントリーした3つのチームの1つとなる。

「これはHubAutoチームにとって大きなクーデターだ」とテクニカルディレクターのフィリップ・ディ・ファツィオは語った。

「ヘイキとニックとは多くの仕事をしてきた経験がたくさんある。我々には血統と経験を備えた強力なドライバーラインナップがいる。良いクルマと相まって、私たちの狙いは勝利に他ならない」

今年の鈴鹿10時間レースには元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンの参戦も決定している。ハッキネンは、日本のジェントルマンドライバーの第一人者である久保田克昭、2015年および2017年のスーパーフォーミュラシリーズチャンピオンである石浦宏明選手とタッグを組みマクラーレン 720S GT3で参戦する。また、小林可夢偉もメルセデスAMG・チーム・グッドスマイルからの参戦が決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヘイキ・コバライネン