ケビン・マグヌッセン自身も衝撃のF1初ポール「何を言えばいいのかわからない」
ケビン・マグヌッセンは、2022年F1ブラジルGPの予選でF1初ポールポジションを獲得。予選に先立ってポールポジションを獲得することなど「考えもしなかった」と語った。

今年、ハースF1チームからF1復帰を果たした30歳のケビン・マグヌッセンは、Q3進出を果たした後、ジョージ・ラッセル(メルセデス)が雨に足元をすくわれてコースオフして赤旗が出る前に早い段階で周回を重ねてトップタイムをマーク。

赤旗中にさらに強まった雨脚は、他のドライバーが改善できないことを意味した。ケビン・マグヌッセンは、F1ワールドチャンピオンのマックス フェルスタッペンに 0.2秒差をつけて初ポールポジションを獲得。ハースF1チームにとっては 2016 年にチームがF1グリッドに加わって以来初のポールポジションとなった。

ケビン・マグヌッセンにとって、2022年は運命の劇的な好転でもあり、ニキータ・マゼピンの後任として新シーズン開幕前にハースF1チームによってドラフトされる前はF1シートなしで年を始めていた。

「何を言えばいいのかわからない」とケビン・マグヌッセンはパルクフェルメで語った。

「チームはまさに適切なタイミングで僕をコースに出してくれた。僕たちは最初にピットレーンに出て、かなりまともなラップをして、ポールを獲得した。信じられない」

「この機会を与えてくれたジーン・ハースとギュンター(シュタイナー)、そしてチーム全体に感謝している。1年ぶりに戻ってきたけど、素晴らしい旅だった。ありがとう」

今朝起きたときにこのような結果を予想していたかと質問されたケビン・マグヌッセンは「考えもしなかった。信じられない。ありがとう」と語った。

ケビン・マグヌッセンは、無線で自分が1位であると告げられたときに信じておらず、インラップで「人生でこのように感じたことは一度もない」と語った。

セッションが再開されることを知ったケビン・マグヌッセンは、まだ祝わないようにチームに警告したが、時計が刻々と過ぎ、雨が激しくなるにつれて、マグヌッセンとガレージのハースF1チームは結果を実感し始めた。

ケビン・マグヌッセンは、土曜日に行われる 24 周のスプリント レースでトップからスタート。勝者には8 ポイントを与えられ、日曜日のグランプリのグリッドが決める。

ケビン・マグヌッセンは、スプリントで「マキシマムアタック」を目指すと述べ、「何か面白いことをしよう」と付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1ブラジルGP / ハース