ケビン・マグヌッセン 「やっと少し運に恵まれてきた」 / ハースF1チーム F1オーストリアGP 決勝
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第11戦オーストリアグランプリの決勝を8位で終えた。

7番グリッドからスタートしたケビン・マグヌッセンは、チームメイトのミック・シューマッハに上回れたものの8位でフィニッシュ。ハースF1チームにとって2戦連続のダブルポイントフィニッシュとなった。

「僕たちのチームにとってなんて週末だ。本当に素晴らしい週末だった。やっと少し運に恵まれた。ある意味、最近の4~5レースは僕たちにとって良くはなかった」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「それについて落ち着いているのは少し難しかったけど、過去2レースはラッキーだったし、特に今週末はペースがあった」

「全てのレースで少しエンジンに問題があったので、ブローしないように神に祈ていたし、問題なくレースをフィニッシュできたことに心から感謝している」

「素晴らしい予選、素晴らしいスプリント、素晴らしいレースだったし、とてもハッピーだ」

ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム オーストリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1オーストリアGP / ハース