ケビン・マグヌッセン 10位入賞 「ステイアウトは僕の判断」 / ハースF1チーム F1イギリスGP 決勝
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝を10位で終えた。

1回目のスタートにソフトタイヤを選択したケビン・マグヌッセンは、赤旗後の2回目のスタートを14番手からミディアムでスタート。終盤のセーフティカーでアウテイアウトを選択し、そのままの10位でフィニッシュした。

「これ以上は期待できなかったと思う」とケビン・マグヌッセンは語った。

「第1スティントは。少なくともペースが上がった第2スティントと比較して、ペースはあまり良くなかったと思う。第1スティントでいくつかのポジションを失った」

「迷惑なことに終盤にセーフティカーが入った。僕たちは両方の車がピットインするようにアドバイスされ、僕はステイアウトするという決断をした。それが正しいか間違っているかは分からないけど、間違っていた場合、それは僕の決断だった」

「でも、2台でポイントを獲得できたので、それについてはかなり満足している必要がある。今年のこの段階でそれなりのポイントを獲得するにはとても良いことだ。僕たちは大きな笑顔と今後のレースのために大きなモチベーションとともにでここから離れることができる」

ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1イギリスGP / ハース