ケビン・マグヌッセン 「ボッタスはイエローで減速していなかった」 / F1アゼルバイジャンGP 予選
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1aero-の予選Q1でバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)がイエローフラッグでスローダウンしなかったことを罰せられなかったことに疑念を表明した。

ケビン・マフヌッセンはは、ランス・ストロール(アストンマーティン)のクラッシュで残り2分30秒でセッションが赤旗になった浅井にドロップゾーンにはいなかった。

それでも、セッションが終了する前に、スタートラインを越えてフライングラップをすることに熱心だった。

なんとかラインを通過したケビン・マグヌッセンだったが、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がターン15でランオフエリアに入ってイエローフラッグを引き起こしたことでタイム更新のチャンスは失われた。

だが、バルテリ・ボッタスは、ケビン・マグヌッセンのタイムを上回り、マグヌッセンはQ1敗退となった。

レース後、ケビン・マグヌッセンは、イエローフラッグが表示されたときに、バルテリ・ボッタス減速しなかったことを咎められなかったことに疑問を投げかけた。

「あなたはボッタスについて言及していたよね」とケビン・マグヌッセンはF1.comのローレンスバレットに語った。

「彼のことを悪く思っているわけではない。彼はただ自分のことをしていたまでだ。でも、、彼はイエローで改善した分からない。どうやら、それができるようだね」

「ご存知のとおり、彼はQ2に進み、そのために僕をノックアウトしました。他の全員がバックオフした。バルテリに何の反感も持っていない。彼は自分のことをやろうとしてレースをしているだけだ。でも、それによって少し後味が悪い」

ケビン・マグヌッセンとハースF1チームのチームメイトであるミック・シューマッハは、ピットレーンからの脱出について調査され、最終的には不正行為がないことが明らかになったが、全員が同時に脱出するために急いでいるときに起こる可能性が高いとマグヌッセンは述べた。

「ああいったtimingで赤旗が出たときは、次のラップに出かけるための時間はギリギリだ。その場合、キューの後ろにいる人々はタイマーが切れる前に通り抜けるのに常に苦労する」

「それで、ピットレーンの先頭だと、ある意味で足止めを食らうことになる。ピットレーンに2~3人が列を作っているとすぐに出られないからね。それで僕たちは最後のラップを逃した。16番手。明日は長い日になるね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / F1アゼルバイジャンGP