ハースF1のケビン・マグヌッセン 「F1のフィットネスを取り戻すにはあと2か月必要」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、3月に土壇場でF1に呼び戻された後、自分のベストな状態に戻るにはまだ数週間かかると認める。

2020年シーズンにハースF1チームを去ったケビン・マグヌッセンは、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権での新しい役割を果たすとともに、インディカーでデビューを果たしながら、プジョーとのWEC(FIA 世界耐久選手権)への参戦に備えていた。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻を受けてハースF1チームがニキータ・マゼピンを解雇したと、ケビン・マグヌッセンは、最終プレシーズンテストと翌週の開幕戦に先立ってチームに呼び戻された。

準備時間の不足にもかかわらず、ケビン・マグヌッセンは5位で最初のレースを終え、翌週サウジアラビアでは、首の筋肉を傷めていたにもかかわらず、再びポイントを獲得した。

しかし、先週のメルボルンでのF1オーストラリアGPは、29歳のケビン・マグヌッセンにとって控えめな週末となった。序盤のセーフティカーのタイミングは、第1スティントを長くするためにハードタイヤでレースをスタートするという彼の戦略を弱体化させた。

全体として、ケビン・マグヌッセンは、フィットネスの面で必要なレベルに到達するためにやらなければならない仕事がまだあることを認める。

「おそらくあと2か月は必要だと思う」とケビン・マグヌッセンはBeyond The Gridで語った。

「昨年はまったくトレーニングをしていなかったわけではないけど、F1ドライバーだったときよりもはるかに少なかった」

「今、再びF1ドライバーになって1か月がたった。再び完全にトレーニングに取り掛かり、毎日トレーニングをしてフィットネスに集中するF1ライフを送っている」

「一番大変だったのは私の首だ。首を鍛えることができるけど、F1カーを運転するのに適していない」。
「首に関してはあらゆるトレーニングをすることができるし、過去にそれをやってきたけど、車に乗ると、とにかく何の違いもなかった」

「車での初日の後にまだ完全に混乱していたし、最初の2レースは首にかなり厳しいかった」

幸いなことに、新しい技術規則とレギュレーションの結果として今年導入された新しいより重い車はケビン・マグヌッセンが適応するのを助けた。

「新しい車は少しフィジカルではない。コーナースピードが少し遅いのは助けになる」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「でも、そこまで遅くはないし、ほんの少しだけだ。少しだけ役に立つだけだ。古い車ではなくてよかったよ!」

また、カビン・マグヌッセンは、F1からのサバティカル中に父親になったことが彼をドライバーとして変えたと語った。

「子供が生まれて、人生におけるすべての優先事項になった」とケビン・マグヌッセンは説明した。

「F1は今でも非常に重要だけど、人生で最も重要なことではない」

「他により重要なことがある。家族の方が重要だし、家族に関連するF1外の生活が最も重要だ。」

「それまではF1が絶対的に最も重要なものだった」

「幸福はF1と対になっていると思っていた。少なくともそう感じていた。F1が順調に進まなければ、僕の人生は悲惨だった」

「でも、もうそうではない。非常に異なる感じだ。もっと楽しているような気がするのは確かだ。ボーナスやプレゼントのように感じている。楽しむことができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース