F1 ケビン・マグヌッセン アメリカGP
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1アメリカGPの予選を12番手で終えた。

「セクター3の低速コーナーでかなり苦しんだ。リアが少し不安定すぎてちょっと手こずっていた。ラップは問題なかった。12番手には満足できないけど、明日戦略でやれることはあるし、ポイントを獲得できることを願っている」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「ミッドフィールドはとても拮抗している。僕たちのいる位置からその戦いトップまではコンマ2秒くらいしかない。今日はその前に出るためのコンマ1~2秒をノぞしてしまった。今日は逃したけど、明日はどうなるかわからない。トップ10外の人々は戦略面で少しオープンだし、アドバンテージがあるかもしれない。明日何ができるか見てみるつもりだ」

関連:F1アメリカGP 予選 | ルイス・ハミルトンが今季9度目のポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1アメリカGP / ハース