ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンは、F1シンガポールGPの決勝レースをまったく水を飲めない状況で走り切った。

F1シンガポールGPは、高い湿度と30℃の暑さのなかで2時間近くを走るドライバーにとって苛酷な環境でのレースとして有名だ。

ケビン・マグヌッセンは、15番グリッドから10位でフィニッシュ。チームに今シーズン2度目のポイントをもたらしたが、61周を走り切ったマグヌッセンは消耗しきっていた。

「身体的にとてもタフだった。クルマのなまでまったく水が飲めなかったのでかなりタフだった」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「何が問題だったのかはわからない。水が入ってなかったのか、ボトルが故障したのかはわからないけど、チームが僕に飲み物の借りがあるのは確かだね!」

「とにかく最後はそのことは忘れて、なんとかやっていかなければならなかった」

ケビン・マグヌッセンは、レースでソフトタイヤを使わなかったが、それがトップ10でフィニッシュするためには重要だったと感じている。

「素晴らしいスタートが切れたし、(スタート直後の)クラッシュでいくつか順位を上げることができた」

「そこからはタイヤをかなりうまく労わることができた。僕にとってのレースの鍵は戦略だった」

「チームは僕たちはタイヤにに関して有利だと気付き、最後に2回のスーパーソフトのスティントを行うことを決断した。難しい判断だったけどね」

「クルマのバランスは良かったので、僕たちはウルトラソフトとスーパーソフトを使った2ストップ戦略を選んだ。不可能だったかもしれないけど、彼らはそれを実行して、最後にそれが成果を挙げた」

「もう少し直線スピードがあれば、最後にトロ・ロッソとフォース・インディアを抜けたかも知れない」

「それでも、結果には本当に満足している。チームは週末を通して本当に良い仕事をしたし、このチームの全員がそれに相応しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン | ルノー | F1シンガポールGP