ナレイン・カーティケヤン、SUPER GTから退き自動車ビジネスに専念

2020年1月7日
ナレイン・カーティケヤン、SUPER GTから退き自動車ビジネスに専念
元F1ドライバーのナレイン・カーティケヤンが、SUPER GTから退き、他の自動車関連ビジネスベンチャーの開発に集中することが発表された。

2019年にナレイン・カーティケヤンは、シングルシーターからスポーツカーへの移行し、SUPER GTでModulo Nakajima RacingのHonda NSX-GTでレースをするという彼のレースキャリアの新たな章の始めた。

ナレイン・カーティケヤン、NAKAJIMA RACINGに移籍

2017年2月13日
ナレイン・カーティケヤン スーパーフォーミュラ
ナレイン・カーティケヤンが、2017年のスーパーフォーミュラにNAKAJIMA RACINGから参戦することが発表された。

昨年までトヨタ系のチーム・ルマンからスーパーフォーミュラに参戦していたナレイン・カーティケヤンが、ホンダ系のNAKAJIMA RACINGに移籍することが発表された。

ナレイン・カーティケヤン、スーパーフォーミュラに参戦

2014年2月6日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンは、2014年にスーパーフォーミュラに参戦する。TEAM IMPULの20号車を走らせる。

インド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンは、2001年にフォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)に参戦し、2005年にF1へ参戦。ル・マン24時間などにもインド人初の参戦を果たしている。

ナレイン・カーティケヤン、2014年のインディカー参戦を狙う

2013年10月17日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンは、2014年のインディカーのシートを獲得するため今冬インディカーのテストを計画している。

昨年までHRTからF1に参戦していたナレイン・カーティケヤンだが、チームは解散。今季はAUTO GPに参戦し、シーズン途中でデイビッド・シアーズ率いるスーパーノバに移籍。5勝を挙げてランキング4位でシリーズを終えた。

ナレイン・カーティケヤン、Auto GPの参戦契約を延長

2013年4月4日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンは、Zele RacingとのAuto GPへの参戦契約を延長し、今週末のマラケッシュでのラウンドに参戦することを明らかにした。

ナレイン・カーティケヤンは、Zele Racingと1戦限りの契約を結び、先月モンツァでのAuto GP開幕戦に参戦。レース1を5位、レース2をリタイアで終えていた。

「モロッコでレースをすることが決定したところだ」とナレイン・カーティケヤンはコメント。

ナレイン・カーティケヤン、フォース・インディアのシート候補に浮上

2013年2月10日
ナレイン・カーティケヤン
フォース・インディアのシート候補にナレイン・カーティケヤンが急浮上した。

インド人ドライバーのナレイン・カーティケヤンとチームの代表のビジェイ・マリヤは、これまで決して親しい関係とは言えなかった。

しかし、Deccan Chronicle は、ナレイン・カーティケヤンのスポンサーであるタタがチームへの扉を開いたと報道。

ナレイン・カーティケヤン、インディカー転向を目指す

2013年1月27日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンは、インディカーへの転向を目指しており、2010年にNASCARでオーバルでのレースを経験したことが役に立つと考えている。

AUTOSPORT は、F1での役割を得られない場合、ナレイン・カーティケヤンはインディカーでのシート獲得を目指すと報道。

ナレイン・カーティヤンは、チップ・ガナッシ、アンドレッティ・オートスポーツを含むいくつかのチームと交渉を行っているが、予算は確保できているにも関わらず、まだ契約は得られていないという。

ナレイン・カーティケヤン:F1ブラジルGP プレビュー

2012年11月20日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンが、2012年の最終戦F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ナレイン・カーティケヤン (HRT)
「インテルラゴスは、知っているサーキットだし、2005年に走ったのを覚えている。とても好きなトラックだし、F1の大きな遺産でもある。いくつか面白い部分のあるレイアウトだし、アップダウンはかなりスペクタクルだ。でも、観客もそれを非常に特別なものにしている。数少ない反時計回りのトラックなので、ドライバーにとって体力的にとても厳しい」

ナレイン・カーティケヤン:F1アメリカGP プレビュー

2012年11月12日
ナレイン・カーティケヤン
ナレイン・カーティケヤンが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

ナレイン・カーティケヤン (HRT)
「サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、世界中の異なるサーキットから多くのパーツが集まっていて期待できるレイアウトのように見えるけど、最も楽しみにしているのは、大きな上りのターン1だ。インドでわかったように、そのような勾配変化はサーキットの特性のいい感じの追加になるし、チャレンジングなレイアウトだろうね」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム