GSR & TeamUKYO、スパ24時間レースに参戦…小林可夢偉を起用

2017年4月2日
GOODSMILE RACING & TeamUKYO
SUPER GTに参戦するGOODSMILE RACING & TeamUKYOは、スパ・フランコルシャン 24時間レース(Total 24Hours of SPA)に参戦することを発表した。

スパ・フランコルシャン24時間レースは、フランスのル・マン24時間レース、アメリカのデイトナ24時間レースとともに、世界三大耐久レースのひとつに数えられ、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットを舞台に、1924年から開催されている伝統の耐久レース。

【WEC】 小林可夢偉 「2017年仕様のTS050はバランスも見た目もいい」

2017年3月31日
小林可夢偉 WEC
小林可夢偉が、2017年のトヨタのWEC参戦マシン『TS050』の印象を語った。

トヨタは31日(金)、モンツァ・サーキットにおいて、2017年を戦う改良型TS050 HYBRIDを発表。2017年は、小林可夢偉が7号車、中嶋一貴が8号車、そして、第2戦スパ・フランコルシャン6時間と第3戦ル・マン24時間では国本雄資が9号車で参戦。3名の日本人ドライバーがレースを戦う。

BSフジ新番組『スーパーフォーミュラ GO ON!』…MCは小林可夢偉

2017年3月27日
小林可夢偉 スーパーフォーミュラ
昨年フジテレビで放送した、現役ドライバーの小林可夢偉と中嶋大祐がMCを務めるトーク番組「超速GO音」が、内容も新たに時間も拡大してBSフジに登場。その番組は『スーパーフォーミュラGO ON!」

番組では毎回、注目のレース関係者や豪華ゲストを招いて“人”をテーマにトークを展開、スーパーフォーミュラの魅力に迫る。

小林可夢偉、鈴鹿1000kmに参戦決定 / SUPER GT

2017年3月6日
小林可夢偉 スーパーGT
LEXUS TEAM WedsSport BANDOHは、SUPER GT 2017 SERIES 第6戦「鈴鹿1000km RACE」に小林可夢偉を起用することを発表した。

元F1ドライバーの小林可夢偉は、近年はトヨタワークスドライバーとして世界耐久選手権(WEC)に参戦、トヨタ・TS050 HYBRIDを駆る一方、国内ではスーパーフォーミュラにも参戦し、活躍している。

小林可夢偉 「KCMGは1台体制だけど十分にチャンスはある」

2017年2月17日
小林可夢偉
小林可夢偉が、KCMGのドライバーとして戦う2017年シーズンのスーパーフォーミュラへの意気込みを語った。

2015年に国内レースに復帰した小林可夢偉は、チームルマンからスーパーフォーミュラに参戦。初年度は6位だったが、昨年は1ポイントの獲得でランキング17位だった。

小林可夢偉、2017年はKCMGからスーパーフォーミュラに参戦

2017年2月3日
小林可夢偉
小林可夢偉が、2017年のスーパーフォーミュラにKCMGから参戦することが発表された。

2015年に国内レースに復帰した小林可夢偉は、チームルマンからスーパーフォーミュラに参戦。初年度は6位だったが、昨年は1ポイントの獲得でランキング17位だった。

【動画】 小林可夢偉×SF14 タイムアタックチャレンジ

2017年1月11日
小林可夢偉
小林可夢偉は、2016年12月4日(日)に筑波サーキットで開催された「SPEED×SOUND TROPHY 2016」にて、SF14(SUPER FORMULA)でタイムアタックに挑戦した。

慣熟走行を含む3度のセッションで、2015年に記録した自身のコースレコードを見事に更新。43秒304の“非常識なタイム”を記録してチャレンジを終えた。

小林可夢偉、将来のフォーミュラE参戦に興味

2016年12月28日
小林可夢偉
小林可夢偉は、将来的にフォーミュラEに参戦することに興味を持っていると語った。

最近では、アウディがWECを撤退してフォーミュラEに専念することを発表。また、メルセデスやBMWといった大手自動車メーカーも参戦を予定しており、シーズンを追うごとにチャンピオンシップの競争レベルは上がっている。

小林可夢偉、メルセデスのF1ドライバー募集広告に反応

2016年12月9日
小林可夢偉
小林可夢偉が、メルセデスが英AUTOSPORT誌に掲載したF1ドライバー募集の広告に反応してTwitterを賑わせた。

メルセデスは、12月8日発売のAUTOSPORTに広告を掲載。加熱するニコ・ロズベルグの後任報道に対してユーモアを発揮した。

これに反応したのが小林可夢偉。メルセデスF1の公式Twitter宛てに投稿した履歴書を投稿した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム