小林可夢偉
小林可夢偉は、F1ドイツGPのレース後に2位のセバスチャン・ベッテルにペナルティが科せられたことで自己最高位となる4位に繰り上がった。

12番グリッドからスタートした小林可夢偉は、ミディアムタイヤでスタートするという戦略を生かし、5位でレースをフィニッシュ。だが、レース後にセバスチャン・ベッテルのジェンソン・バトンへの追い抜きにペナルティが科せられて20秒が加算されたことで、自己最高位となる4位に繰り上がった。

小林可夢偉はTwitterで「4位なった!! 良かった!!」とコメント。

「次は表彰台しか無いね!! なかなか表彰台だけ長いなー」

関連:
セバスチャン・ベッテル、20秒加算ペナルティで5位に降格
ザウバー:小林可夢偉、自己ベストタイの5位! (F1ドイツGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 小林可夢偉 / F1ドイツGP / ザウバー