FIA、シャルル・ルクレールの10秒ペナルティの声明で記載ミス
FIA(国際自動車連盟)は、F1日本GPでのシャルル・ルクレールの10秒ペナルティに関する最初の声明で記載ミスをしていたことを明確にした。

シャルル・ルクレールは、F1日本GPのオープニングラップでのマックス・フェルスタッペンとの接触に5秒、その後、フロントウイングが破損した安全ではないマシンで走行したとして10秒と合計15秒のタイム加算ペナルティを科せられて6位から7位に降格した。

FIAは、声明のなかで10秒ペナルティに関してF1競技規則の38.3 d)を参照していた。

d)10秒間のストップアンドゴー・タイムペナルティ。ドライバーはピットレーンに進入し、自己のピットの停止位置に最低でも10秒間停止した後、レースに復帰しなければならない。

しかし、そこには追記がある。

上述の4種類のペナルティの何れかが最後の3周回の間、あるいはレース終了後に科せられることになった場合には ~ 上記d)の場合は30秒加算される。

そうなると、シャルル・ルクレールは合計45秒のタイム加算となり12位となっているはずだ。

この件について指摘されたFIAは「タイプミスだった。38.3だけを参照すべきであり、“d”はそこにあるべきではなかった。決定自体と結果は公表されたものが正しい」と説明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1日本GP / FIA / シャルル・ルクレール