F1日本GP ホンダF1
鈴鹿サーキットは、2019年のF1世界選手権 第17戦 日本グランプリでチーム・メーカーの枠を超え、F1参戦チームのレッドブル・レーシング、トロロッソ、そして、双方のチームにパワーユニットを供給するホンダがコラボし、オリジナルのトリプルネームのキャップとフラッグをC席全体を1万人のHondaサポーターで埋め尽くす「Honda応援席」の購入特典グッズとして決定したことを発表した。

また、決勝レース前に行われるドライバーズパレード中に、レッドブルとトロロッソの4ドライバーがHonda応援席前に登場するのに加え、ドライバーにエールを送るための、ジェット風船が全員に配布される。

なお、鈴鹿サーキットは販売状況が好調のHonda応援席は「残り僅かの在庫となり、早期に完売が予想されるため早めにお買い求めいただくことを、強くお勧めいたします」としている。

ホンダはトロロッソに加え、チャンピオン獲得経験のあるレッドブル・レーシングを含め、2チーム4台にパワーユニットを供給し、2019年シーズンを戦っている。

第9戦オーストリアGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがホンダとして2015年F1復帰後の初勝利を飾り、ドライバーランキング3位、中国グランプリでの決勝レース中の最速ラップポイントを含めランキング6位のピエール・ガスリー、また、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、アレクサンダー・アルボンは、それぞれランキング14位、15位につけている。

レッドブルxトロロッソxホンダ コラボフラッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1日本GP | レッドブル | トロロッソ | ホンダF1