F1イタリアGP モンツァ
バーニー・エクレストンとF1イタリアGPのチーフは、今後3年間のモンツァでのF1開催契約にようやくサインした。

バーニー・エクレストンは、月曜日にイタリア自動車クラブのアンジェロ・スティッチ・ダミアーニ会長と面会し、F1イタリアGPの将来への不安に終止符を打った。

9月、モンツァの代表は2019年までレースを開催する新たな3年契約を確保したことを発表。しかし、彼らは契約がまだサインされていないことを認めていた。

その背景には、イモラが、イタリア自動車クラブが、同サーキットではなく、モンツァでのF1開催のために政府から支援を受けていることが合法ではないと感じ、法的措置をとっていたことにある。

聴聞は10月26日に予定されていたが、イモラが撤回したことでキャンセルされていた。

それにより、バーニー・エクレトンとモンシャが交渉する道が整った。

契約は、今週水曜日の2017年のF1カレンダーを承認する世界モータースポーツ評議会前に締結された。

モンツァは、イモラで開催された1980年を除き、1950年のF1世界選手権となってから毎年グランプリを開催している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イタリアGP