インディカー 大クラッシュ
インディカー第18戦ヒューストンで大クラッシュで発生。ダリオ・フランキッティが佐藤琢磨に接触してフェンスに衝突。ダリオ・フランキッティは右足首と脊椎を骨折。観客の14人が怪我を負った。

最終ラップ。リアのコントロールを失った佐藤琢磨のマシンにダリオ・フランキッティのマシンが乗り上げて宙を舞いフェンスに激突。さらに後続のE.J.ビゾが2台に突っ込み、コース上にはパーツが散乱。またフェンスの破片が観客席に飛び込んだ。

佐藤琢磨とE.J.ビソに怪我はなかったが、ダリオ・フランキッティは脳しんとうを起こしてマシンから降りることが出来ず、マーシャルが救出。メディカルチェックを受けた後、詳しい検査のため病院に搬送された。

ヘルマン・テキサス医療センターに搬送されたダリオ・フランキッティは、脳しんとうに加え、脊柱と右足首の骨折と診断され、病院で治療を受けている。

また、ダリオ・フランキッティの接触によってフェンスの一部は観客席へ飛び込み、レース主催者によると14人が負傷したという。

「今日の午後、グランプリ・オブ・ヒューストンで起きた事故によって、我々はファンや関係者を最大限に懸念している」とレースプロモーターのマイ・ジャックプロモーションとインディカーは共同声明を発表。

「インディカーのオフィシャルとドライバーのダリオ・フランキッティ、そして二人のファンが病院へと搬送された。さらに11人のファンが負傷している」

「オフィシャルはこのクラッシュを調査しており、詳しい情報は現段階で入っていない。ファンやドライバーの安全性が第一であり、我々はさらに詳細な情報を提供する」

クラッシュのきっかけとなった佐藤琢磨は「最終ラップで路面のデブリを拾い、ウィールに擦って勢いを失ってしまいました。僕がラインから外れると2台の車が僕をパスしていき、ターン5でリアをスライドさせてしまい、ダリオと衝突してしまいました。ダリオが無事であることを祈っています」とコメントした。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー