インディカーの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

アロンソ 「F1はインディカーやWECより即座で対応するのが難しい」

2021年4月29日
フェルナンド・アロンソ 「F1はインディカーやWECより即座で対応するのが難しい」
フェルナンド・アロンソは、F1はインディカーやWECと比べて即座で対応することが難しいが、今後それらのカテゴリーで学んだ教訓を生かしたいと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、過去2年間F1から離れて他のカテゴリーに参戦した後、アルピーヌF1チームとともにF1に復帰した。

コルトン・ハータ 「フェラーリと契約できればハースでのF1参戦もあり」

2021年4月28日
コルトン・ハータ 「フェラーリと契約できればハースでのF1参戦もあり」
コルトン・ハータは、アメリカのチームであるハースF1からオファーがあったとしても、フェラーリの支援を受けられなければF1に転向することはないだろうと語る。

コルトン・ハータは、インディカー 第2戦 セントピーターズバーグでセンセーショナルなパフォーマンスを披露。100周のうち97周をリードし、2度のチャンピオンであるジョセフ・ニューガーデンに2.493秒差をつけて勝利を挙げた。

「マゼピンに取れてコルトンが取れないF1スーパーライセンスは問題」

2021年4月27日
「マゼピンに取れてコルトンが取れないF1スーパーライセンスは問題」と元F1王者マリオ・アンドレッティ
元F1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、インディカーで活躍するコルトン・ハータのようなドライバーが取得できず、“あのロシアの子供”と称するニキーター・マゼピンが取得できてしまうF1スーパーライセンスには何が問題があると考えている。

今年、ハースF1からデビューを果たしたニキータ・マゼピンは、開幕2戦でスピンを多発するなどその実力が疑問視されている。

佐藤琢磨、6位入賞「チームの作戦が的確でタイヤチョイスも正しかった」

2021年4月26日
佐藤琢磨、6位入賞「チームの作戦が的確でタイヤチョイスも正しかった」  / 第2戦 セントピーターズバーグ
佐藤琢磨は、インディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの決勝で6位入賞を果たした。

予選で15番グリッドを得た佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、スタートでスコット・マクラフランとアレックス・パロウを仕留めると、13番手のポジションで周回を重ねていく。ジミー・ジョンソンのアクシデントをきっかけとするコーション後のリスタートで佐藤琢磨は、ジェームス・ヒンチクリフとバトルを繰り広げた影響で、ニュータイヤに交換するタイミングは遅くなった。

インディカー:コルトン・ハータがポール・トゥ・ウィン。佐藤琢磨6位

2021年4月26日
インディカー:コルトン・ハータがポール・トゥ・ウィン。佐藤琢磨6位 / 第2戦 セントピーターズバーグ
2021年のインディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの決勝が4月25日(土)に行われ、コルトン・ハータ(Andretti Autosport)が優勝した。

フロリダ州のタンパ湾沿いにある小さな街、セントピーターズバーグで2021年インディカー・シリーズ第2戦のファイアストン・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグが開催された。気温が30℃を越すことはなかったが、太陽が照りつけてレース中のコース表面の温度は50℃以上まで上昇、湿度の高さもあってドライバーたちには体力的に非常に過酷なレースとなっていた。

佐藤琢磨、予選15番手「少しフラストレーションのたまる公式予選だった」

2021年4月25日
佐藤琢磨、予選15番手「少しフラストレーションのたまる公式予選だった」 / インディカー 第2戦 セントピーターズバーグ
佐藤琢磨(Rahal Letterman Lanigan Racing)は、2021年のインディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの公式予選を15番手で終えた。

午前中に行われたフリープラクティスで20番手のタイムを記録した佐藤琢磨は、第1グループから臨んだ予選のセグメント1で1分00秒9167をマーク。これは8番手のタイムで次のフェーズに進むことができず、明日の決勝レースに15番グリッドから挑むことが決まった。

インディカー:コルトン・ハータがポールポジションを獲得

2021年4月25日
インディカー:コルトン・ハータがポールポジションを獲得。佐藤琢磨15番手 / 第2戦 セントピーターズバーグ
2021年のインディカー・シリーズ 第2戦 セントピーターズバーグの予選が4月24日(土)に行われ、コルトン・ハータ(Andretti Autosport)がポールポジションを獲得した。

第2戦の舞台はフロリダ州のリゾート地、セント・ピーターズバーグ。海辺の空港と市街地の道路を利用したコースは、広い滑走路を使った高速セクションと、次々とタイトターンを走り抜けるテクニカルなセクションで構成される。

ロマン・グロージャン 「インディカーのローリングスタートの練習が必要」

2021年4月23日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン 「インディカーのローリングスタートの練習が必要」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、インディカーのデビュー戦を10位でフィニッシュ。“ローリングスタートをもっと練習する必要がある”と課題に挙げた。

F1からインディカーに転向したドライバーは、2ワイドのローリングスタートに慣れる必要がある。アラバマでデビュー戦を終えたロマン・グロージャンは、最初の試みが「クリーンなものではなかった」と認める。

インディカー:ライアン・ハンターレイ 「エアロスクリーンに命を救われた」

2021年4月21日
インディカー:ライアン・ハンターレイ 「エアロスクリーンに命を救われた」
ライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)は、2021年のインディカー開幕戦アラバマでのクラッシュを振り返り、エアロスクリーンによって命を救われたと語る。

バーバー・モータースポーツ・パークで開催された開幕戦は、スタート直後に多重クラッシュが発生。スピンしたジェセフ・ニューガーデン(Team Penske)のマシンにライアン・ハンターレインが116mphで突っ込み、ニューガーデンのタイヤがエアロスクリーンに直撃した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム