インディカーの2019年12月のF1情報を一覧表示します。

シモン・パジェノー 「F1がモータースポーツへの情熱をスパークさせた」

2019年12月26日
シモン・パジェノー 「F1がモータースポーツへの情熱をスパークさせた」
今年のインディ500を制したシモン・パジェノーは、キャリア初期の夢は常にF1でレースをすることだったとし、それがインディカー・シリーズでの成功に繋がったと語る。

「4歳のとき、セナとプロストが戦っているのを見た。それがモータースポーツに対する僕の情熱をスパークさせた」とシモン・パジェノーは Motorsport-Magazin.comに語った。

チームゴウ、2020年にデイル・コインと組んでインディカーに参戦

2019年12月20日
チームゴウ、2020年にデイル・コインと組んでインディカーに参戦
チームゴウモータースポーツは、2020年にデイル・コイン・レーシングとの共同プロジェクトとして、インディカー・シリーズに参戦。エントラント名は「Dale Coyne Racing with Team Goh」。ドライバーにはアレックス・パロウを起用することを発表した。

チームゴウは、2004年のル・マン24時間レースで、荒聖治、トム・クリステンセン、リナルド・カペロを要して優勝。今年復活し、Suuper GTとスーパー耐久でマクラーレンのプログラムを運営した。

インディカー | チップ・ガナッシ、エアロスクリーンの最新ルックを公開

2019年12月10日
インディカー
チップ・ガナッシ・レーシングは、来季のインディカーに参戦するエアロスクリーンの含めた2020年マシンのカラーリングを発表した。

スコット・ディクソンのNo.9 ダラーラDW12ホンダには、レッドブル・アドバンスド・テクノロジーにとって設計されたエアロスクリーンを含め、メインスポンサーであるPNCバンクのオレンジ、ブルー、ホワイトのカラーリングが引き続き施される、

アロンソ、2020年のインディ500は「マクラーレンかアンドレッティ」

2019年12月8日
アロンソ、2020年のインディ500は「マクラーレンかアンドレッティ」
2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2020年にインディ500に戻ると主張し、最も可能性の高い選択肢はマクラーレンとアンドレッティだと語る。

2017年、フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダとアンドレッティが組んだ“マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ”のエントリーでインディ500に参戦し、エンジンが故障するまで優勝争いを展開するパフォーマンスを見せた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム