ブッダ・インターナショナル・サーキット
F1ドライバーは、ブッダ・インタナショナル・サーキットに好印象を持っており、レースでは多くのオーバーテイクがみられると予想している。

F1の大部分のトラックをデザインするヘルマン・ティルケによって設計されたブッダ・インターナショナル・サーキットは、広いコーナーの入り口が特徴となっている。

一部のドライバーは、金曜フリー走行における路面のほこりに懸念を示しているが、波打つデザインを称賛し、オーバーテイクのチャンスを期待している。

ミハエル・シューマッハは「サーキットのエントリーをとても広くすることは、オーバーテイクの新しい哲学のようなものだ」とコメント。

「それは良いショーを披露するため、そして、オーバーテイクのために良い戦略的な展望を提供する。今週末以降もインドのファンの皆さんがF1を楽しんでくれることを期待している」

フェルナンド・アロンソは、ブッダ・インターナショナル・サーキットは、ヘルマン・ティルケが設計した他のサーキットに似ているが、流れるような最終セクターに好印象を抱いている。

「特に最終セクターはとても面白そうだね」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「最終セクターはとても異なっているように見えるし、とても速そうだ。現実はシミュレーターとはとても異なっているので、明日が楽しみだよ」

ジェンソン・バトンは、F1ドライバーが好む鈴鹿とスパ・フランコルシャンと比較してブッダ・インターナショナル・サーキットを述べた。特に丘の頂上にあるブラインドのターン3に好印象を抱いているようだ。

「本当にいい感じね。サーキットのクリーンアップには数周かかりそうだし、もしくは数時間かかるかもしれない」とジェンソン・バトンはコメント。

「でも、レイアウトに関しては、彼らは本当に良い仕事をしたと思う。良いデザインだし、コーナーのエントリーはオーバーテイクに良さそうだ」

エイドリアン・スーティルは、埃っぽい路面による金曜フリー走行でのグリップ不足に注意を払っている。

「まだとても埃っぽかったと言わなければならないね」とエイドリアン・スーティルはコメント。

「まだとても汚れているので、明日の午前中にどうなるか見てみなければならない」

F1インドGPでは、2つの独立したDRSゾーンが設置されることが発表されており、オーバーテイクに期待が寄せられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1インドGP