ニコ・ヒュルケンベルグ、F1復帰シーズンの目標は「徹底的に楽しむ」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年のハースF1チームでのF1復帰シーズンで「徹底的に楽しむ」ことを目指している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノーF1チームからフルタイムでF1に参戦したが、チームが2020年シーズンにエステバン・オコンを迎えることを選択したため、F1シートを失った。

F1グリッドから離れている間、ニコ・ヒュルケンベルグは、セルジオ・ペレス、ランス・ストロール、セバスチャン・ベッテルの代役を務めた。3人全員が5回のグランプリ週末に新型コロナウイルスの陽性反応を示した。

ニコ・ヒュルケンベルグの最後のレースは2022年のF1サウジアラビアGPで、リザーブドライバーを務めていたアストンマーティンで12位でフィニッシュしている。

しかし、2023年はミック・シューマッハに代わってニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームに加入する。チーム代表のギュンター・シュタイナーが、ミッドフィールドでポイントを獲得する彼の能力がチームにとってより適していると考えたためだ。

ポストシーズンテストでハースF1チームのマシンをドライブした後、ニコ・ヒュルケンベルグは、彼の唯一の目標は「戻ってくること、そして、後悔しないこと」だと説明した。

「この2年間はドライビングしないことにあまりストレスを感じていなかったし、ドライビングシートから離れた生活も楽しんでいた」とニコ・ヒュルケンべルグはRacingNews365.comに語った。

「はるかにリラックスしているし、他の利点もあるけど、ある意味で、グリッドに戻りたい、レースに出たい、運転席に座って徹底的に楽しみたいという欲求が忍び寄ってくる」

「シートが実現するかどうかわからないことへの不安はなかった」

「最終的に自分たちの車に誰を乗せたいかを決定するのはチームだし、通常、自分たちにとってベストだと思う人を選択し、誰が最も競争力のある最高の結果をもたらす人を選択する」

「ハースは、僕のキャリア、統計、そして現在のCOVIDのレースを見ていたし、話し合いのなかで、僕が良い選択だと彼らに納得させたんだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース