F1:ニコ・ヒュルケンベルグ、メルセデス/アストンのリザーブの仕事を開始
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年のF1リザーブドライバーとしての仕事を開始し、メルセデスとアストンマーティンと“それぞれ1日”を過ごしたことを確認した。

2019年末にルノーのF1シートを以来、ニコ・ヒュルケンベルグはフルタイムのF1シートを獲得できていないが、昨年は新型コロナウイルスに感染したレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールの代役として3レースを戦うチャンスを得た。

F1イギリスGPはマシントラブルによってスタートできなかったが、他の2つのレースでは7位と8位でフィニッシュしてチームのコンストラクターズ選手権に貢献。“スーパーサブ”の異名をとった。

その後、レッドブル・ホンダのドライバー候補に挙げられていたニコ・ヒュルケンベルグだが、チームはアレクサンダー・アルボンに代えてセルジオ・ペレスを起用することを選択。2021年のレギュラーシートを獲得することはできなかった。

チームから正式なアナウンスはないが、ニコ・ヒュルケンベルグは今年アストンマーティンに名前を変えたチームでリザーブドライバーの役割を務め、メルセデスF1でもフォーミュラEに参戦する2人に続く3人目のリザーブドライバーとして待機していることを明らかにしていた。

現在、レッドブル系列の ServusTV での解説者の仕事もしているニコ・ヒュルケンベルグは、すでに2つのチームと仕事をし、それぞれ1日をシミュレーターで過ごしたことを明らかにした。

「あのようなマシンをどのように運転できるかについては、すでに感覚を掴んでいる」とニコ・ヒュルケンベルグ Motorsport-Total に語った。

「それが第一印象であり、重要なことでもある。アストンマーティンはすでに昨年とは運転が異なる。でも、それが実際に現実になれば、コース上では常に感覚であり、すぐに経験しなければならない別の学習プロセスだ」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ドライバーとして起用はしなかったものの、ニコ・ヒュルケンベルグのコメンテーターとしての能力を称賛している。

「現在、我々にはスーパーTVコメンテーターがいる。彼はアストンマーティンとメルセデスのリザーブドライバーだ。彼はそれらのマシンの何かをぶち壊して、我々はそれを生かせるかもしれないね!」とヘルムート・マルコは冗談交じりにコメント。

「しかし、彼はテレビコメンテーターとしても非常にうまくやっている。評価はセンセーショナルだ。まだ見ていないがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / メルセデス / アストンマーティン